海老蔵が手術へ、全身麻酔で眼球下の粘膜を除去…半年から1年ほど頬部にしびれが残ることも

2010年11月28日(日) PM 11:00

市川海老蔵(32歳)が29日に顔面整復手術を受けることが27日、分かった。

市川海老蔵 手術

関係者によると、執刀医は耳鼻科部長で、29日夕方から2時間の予定で「上顎洞根本術(じょうがくどうこんぽんじゅつ)」を受ける。

市川海老蔵 手術

手術前に発熱などの症状が出た場合には、延期されることもある。

「上顎洞根本術」は、歯肉部を切開して、眼球の下あたりにある空洞(上顎洞)にできた炎症のもととなる粘膜を除去する手術。全身麻酔が施される。手術直後に頬部(きょうぶ)の腫脹(しゅちょう)があり、半年から1年くらい頬部にしびれが残ることもあるという。

▼暴行があったとされる麻布のビル
市川海老蔵

▼生々しく血痕が残る
市川海老蔵

▼このにらみは当分見ることができないのかもしれない…
市川海老蔵

( ´_ゝ`) おとなしくしていればこんなことにならなかったはずでは…?

★新サイト「ガールズちゃんねる」でもニュースたくさん紹介中♪

コメント(1件)

  1. 匿名さん    2013年2月5日(火) 00:40:26

    悪いことしたんだから自業自得ですね?
    普段から失礼杉なふるまいでタクシー運転手さん達が可哀想…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサードリンク

ブログパーツ

あわせて読みたい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ