柴咲コウ主演ドラマ『○○妻』の最終回が酷評祭り!まさかの“オチ”に「雑すぎる」「遊川脚本は見ない」

2015年3月23日(月) PM 8:49

18日に放送された柴咲コウ主演連続ドラマ『○○妻』(日本テレビ系)の最終回に、「最後まで見て損した」などと酷評が殺到している。

同作は、同局で2011年に放送された連続ドラマ『家政婦のミタ』で脚本を手掛けた遊川和彦氏によるオリジナル作品。柴咲の連ドラ単独主演は、これが初となる。

最終回では、思わぬ急展開が。それまでの“契約夫婦”から、晴れて正式に結婚したひかり(柴咲)と正純(東山紀之)だったが、結婚式の前日、昼間に2人が仲良く歩いていると、金属バットを振り回しながら土手を歩く高校生不良グループに遭遇。注意した正純を不良が一発蹴ると、正純は土手の下に転げ落ちるように落下。それを庇うように落下したひかりは頭を打ち、意識不明の重体に。正純は軽傷だったが、ひかりは帰らぬ人となってしまう……。

…まさかの“オチ”にネットからは批判が噴出!詳細を読むには日刊サイゾーへ!

[引用元:日刊サイゾー

▼柴咲コウ(33歳)主演のドラマ『○○妻』
ドラマ『○○妻』 柴咲コウ

▼脚本を手がけたのは遊川和彦(59歳)
遊川和彦

これについてネットでは…

♥本当に観て損した‼︎

♥視聴者おいてけぼり

♥ポカーン

♥↓その通りだわ!!

▼最終回が波紋を呼んでいるが、救いは最終回でウエディングドレス姿を披露した柴咲が「美しい」と好評だったことくらい?
ドラマ『○○妻』 柴咲コウ ドラマ『○○妻』 柴咲コウ

♥これで死んだら笑うわー、と思って見てたらほんとに死んじゃって、笑うつもりだったけど、え?ってなった。

♥観終った後の不快感ったら

♥最終回、結婚式前日にひかりが死ぬように、って考えた時、何がどうなって「金属バットを振り回しながら土手を歩く高校生不良グループに遭遇」っていう流れが思いつくのか。

■最終回のみどころ(※ネタばれ注意)

▼結婚式の前日、昼間に2人が仲良く歩いていると、金属バットを振り回しながら土手を歩く高校生不良グループに遭遇
ドラマ『○○妻』 ドラマ『○○妻』

▼正純が不良に注意した事に逆ギレされ、暴力をふるわれる
ドラマ『○○妻』 ドラマ『○○妻』

▼鉄パイプを手にしたひかりは叫びながら不良グループを追い払う
ドラマ『○○妻』 ドラマ『○○妻』

▼ひかりが正純にかけよったその直後、不良グループの1人が舞い戻って正純に跳び蹴りを入れ、2人で土手の下に転げ落ちるように落下
ドラマ『○○妻』 ドラマ『○○妻』

▼正純は軽傷、ひかりは意識不明の重体に
ドラマ『○○妻』

♥なぜあそこまで視聴者を不快にさせるのか、意味がわからない!ハッピーエンドにしてやれよ!!

♥正純が病院に帰ってきて、布のかけられた光が死んでしまったと思ったら、実は母親とグルのドッキリだった…みんなワハハ…的な終わりのほうがハッピーエンドで後味も良かったのにね。母親、前にも病院で光に発作のドッキリ仕掛けてるからそうなると思ってたのに。

▼一度は目を覚ましたひかりだったが、正純が病院に到着した際には既に死亡
ドラマ『○○妻』ドラマ『○○妻』

♥ヒロインの始末に困って、「そうだ、死なせよう」と唐突に死なせた感じ。なんの脈絡もなく、全く関係ない変なガキに殺される。しかも大の男が軽傷で、黙って庇われる?なんて不自然。いきなり突然死みたいな、雑な死なせ方。妻ってより、登場人物として可哀想だわ(笑)

♥死ぬと見せかけて、そうはならないと思ってたのにその通りになった最悪なオチ。最後お母さんと正純が感動的にしようとしてたけど、ひかりの死に唖然としちゃってポカーンだった…。誰も報われないドラマ

▼誰も報われない最終回でした…
ドラマ『○○妻』 ドラマ『○○妻』

♥遊川さんって観る人の感情を一切無視して不快にしちゃうんだよ。「良い意味で裏切られたわ~」ってはならない。

♥安っぽすぎるんだよ…死亡オチなら死亡オチで、その死に意味を持たせてくれないと、「○○妻」にも一切リンクしないし、何のために死んだのかと。

♥確かに○○妻って奇をてらった題名にしたんなら、視聴者を納得させられる種明かしが欲しかったな。契約妻ってことを最初に隠してただけ?

▼ドラマタイトルの『○○妻』の○○には主人公夫婦の重大な秘密が隠されており、放送前には第1話でその真相が明かされると報道された。第1話ではそれが「契約結婚」であることが明らかになったが、制作側は『○○妻』は「契約妻」ではないとしている
ドラマ『○○妻』 契約書 ドラマ『○○妻』 契約書 ドラマ『○○妻』 契約書

♥せめて、せめて誰かをかばって死ねばよかったのに。子供とかお年寄りとか、子供を殺してる過去に匹敵するくらいの。罪を償ったっていえるくらいの。まさずみを一応かばってるけど、あんなの実際には無理だし二人で落ちるなら意味ない。

♥ひかりに背負わせた物が重すぎたな~いいや、めんどくさい殺しちゃえ!みたいな感じで、雑もいいところ。

♥ひかりが抱えている秘密が、自分の赤ちゃんを育児放棄で殺したという設定がそもそもエーッ!?だった。なんでそんなDQNな設定にしたのだろう。その秘密が明かされたあたりからひかりを見る目が変わっちゃってドラマに入り込めなくなった

▼高校時代に出産するも、育児に悩み一晩子供を放置。子供は死亡し、保護責任者遺棄の容疑で少年院に。出所した際には父親は自殺、母親も男を作っており、自身も自殺未遂を図ったという過去を背負っていたひかり
ドラマ『○○妻』

♥我が子を殺めているんだから、幸せにはなれないっていいたいのか?

♥↑子供を死なせてしまったから幸せになれない とかそういうテーマがあったのかどうかさえハッキリしないまま終了でした

♥最終回でどんでん返しがあるかと思って、モヤモヤしながらも続き見ていた人が殆どだったんじゃないかな。が、その期待は見事に裏切られた。私の中では史上最低のドラマです。

▼テレビ誌記者「柴咲演じる主人公のミステリアスな魅力に引きつけられた視聴者が、最後まで見続けた印象です」
ドラマ『○○妻』

♥ハッピーエンドじゃなくてもいいからもっと終わりまで丁寧にお願いします。スタートダッシュだけじゃダメ。

♥家政婦のミタだって、よく考えてみれば面白くなかったよ。ミタの謎が知りたくてみんな見てただけで、何を伝えたいドラマなのかわからなかった。内容ほぼ無かった。

▼遊川氏脚本の2011年のドラマ『家政婦のミタ』。松嶋菜々子のミステリアスな役柄が話題となり、最終回は40.0%の高視聴率を記録する大ヒットとなるも、内容はイマイチだった!?
ドラマ『家政婦のミタ』

参考:松嶋菜々子、次女のお受験のため『家政婦のミタ』続編が完全消滅…柴咲コウが緊急登板か!?

♥女王の教室も家政婦のミタも、ミステリアスなヒロインで視聴者を引っ張るんだよね。最終回は安っぽい展開か、空っぽか、とにかく期待外れ。○○妻でダメ押しされた感じ。

▼遊川氏脚本の2005年のドラマ『女王の教室』。天海祐希演じる“鬼教師”には賛否両論巻き起こり、PTAから名指しで批判されるなどしたものの、最終話は25.3%を記録
ドラマ『女王の教室』

♥タイトルが上手いせいで見ちゃったよね。なにが○○妻だよ

♥○○妻にしても、家政婦のミタにしても、題名を変にして興味が湧くようにしてるのが見え見え。結局○○妻の明確な答えも分からなかったし。

最終回のラストシーンでは、正純がひかりの写真に向かって、「ひかり、俺たちは生きてく。見ててくれるよな」と呟いた後、『○○妻』というタイトルが表示され、番組が終了
ドラマ『○○妻』

♥十年愛もこの人の作品でした。 メリーゴーラウンド忘れないでいますww

▼遊川氏が脚本を担当した1992年のドラマ『十年愛』
ドラマ『十年愛』

▼大江千里が、操作盤の故障(実際には斉藤慶子により壊された)により高速回転しているメリーゴーラウンド内に取り残された娘を助けようとして単身乗り込み、回転の遠心力で飛ばされて地面に叩き付けられ、病院に搬送された後に死亡してしまうという、“笑撃的”なシーンが当時話題に
ドラマ『十年愛』 大江千里

♥↑メリーゴーランド遊川だったのかw何故あれで死なせたのか長い謎が解けた。遊川め!

♥遊川氏は2時間サスペンスドラマが向いてるよ。どんとん人が死んでも大丈夫で、単発だと積み上げた物語とか無いから登場人物を都合よく出しても許される

▼とんでも展開OKな2時間ドラマ向き!?
遊川和彦×サスペンスドラマ 片平なぎさ&船越英一郎

参考:サスペンスドラマあるある!

♥水曜日の夜22時の一時間を返せ!と思うくらい酷い最終回だった。もう遊川見ない。

♥視聴率返せー

▼最終回の視聴率は14.7%、全話平均14.3%と、数字的には成功した『○○妻』
ドラマ『○○妻』 柴咲コウ

♥面白いと思った「Nのために」が一桁だったのに、〇〇妻が14.7%って…スポンサーはどちらを評価するんでしょう。やっぱり内容より高視聴率?だったら、なんだかな~

▼平均視聴率は9%とふるわなかったが、内容は良かったと視聴者から高評価を受けている2014年のドラマ『Nのために』
ドラマ『Nのために』

参考:榮倉奈々主演「Nのために」最終回で”Nロス症候群”続出!

♥両方見てるけど、残念な夫の方が楽しかった

▼『○○妻』と同時間帯にフジで放送している『残念な夫』。初回視聴率は『○○妻』に軍配があがりましたが…
ドラマ『残念な夫』

参考:『○○妻』VS『残念な夫。』水10“夫婦”対決、初回は柴咲コウに軍配

♥相棒最終回も酷かった。最近の脚本は無理矢理すぎる。

▼成宮寛貴の卒業作となった『相棒 Season13』。こちらもまさかの“オチ”で視聴者から不満が噴出
ドラマ『相棒 Season13』

参考:【ネタバレ注意】3代目相棒・甲斐亨こと成宮寛貴、「これまでにない形」で予想外の卒業
参考:「相棒13」成宮寛貴卒業 最終回は有終20・3%!2年ぶり大台超え

♥遊川さんこれから仕事減るかもね。なんとなくスタッフの意見を聞かずに遊川さんのエゴを押し通した感じがする。あの終わり方はどうだろう?って思ったスタッフ絶対いるはず。視聴率は○○妻より悪かったけどよっぽどゴーストライターの方がいい終わり方だった。視聴率がいいからっていいドラマ、面白いドラマってわけじゃないってことが証明されたね。

▼フジの火曜21時に放送されていた『ゴーストライター』。平均視聴率8.2%と一桁台をたたき出したが、17日の最終回の内容は良かった模様
ドラマ『ゴーストライター』

♥視聴率が悪かった美しき罠は、期待を裏切らない最高のラストだったわよw

▼TBSの木曜21時に放送されていた『美しき罠~残花繚乱~』。こちらも平均視聴率は6.6%と大爆死だったものの、ネット上では実況が大盛り上がり
ドラマ『美しき罠~残花繚乱~』

参考:TBSが連ドラ枠削減へ!?『まっしろ』『ウロボロス』『流星ワゴン』『美しき罠』…全作1ケタの大惨事!!

♥柴咲コウこのドラマにでない方がよかったね、脚本が悪いのに柴咲コウが悪く言われてるみたい

♥脚本家の遊川さんが勘違いしないように言っておくけど、批判してる人の多くは、主人公が死ぬというストーリーにでは無く、脚本全体のクソさだから(演じた俳優は責任無いです)

♥柴咲コウがきれいだっただけのドラマ、という事にしておく。一応これが連ドラ初主演だったというのに…

▼『○○妻』は柴咲コウの連ドラ初主演作品でした
ドラマ『○○妻』 柴咲コウ

参考:柴咲コウ、女優歴17年目で連ドラ初主演!家事完璧もミステリアスな主婦「○○妻」

♥こんなにひどいなシナリオで俳優たちは本当に最善を尽くしたと感じた。

♥布石をまき過ぎ、迷走するストーリー展開、テーマがボヤけ、纏めきれずに収束。。。そんな状況下でも、確かな演技力で複雑な心理状態にある主人公を演じきった柴咲コウさんは、逆に株を更に上げたんじゃないかな?どんな役柄でもこなせる実力を証明したとも言える。特に狂気をはらんだ役をこなせる女優さんは、かなり貴重なんではないだろうか?女優としての、幅を大きく広げて魅せただけでも価値はあったと思いたい。

♥コウちゃんが番宣で言ってたこと思い出した。「今回は役の気持ちに入るのが難しかったですね。なかなか同情もできなかったし、上辺だけの理解では演技きれないしで葛藤しました。身を削るじゃないけど、心をえぐっちゃう感じで演じさせて貰いました」そりゃこんな脚本理解できないわなw心をえぐってまでやらなくて良かったよ。こんなラストだったら、投げやりの演技してもいいんじゃないか?って思う。最後までちゃんと演じきったコウちゃんに拍手

▼柴咲コウの演技は好評だったようです
ドラマ『○○妻』 柴咲コウ

関連記事:柴咲コウ、秘められた“壮絶な過去” 本名非公開、語られないデビュー前や家族…

♥東山紀之、柴咲コウも苦戦しただろうけど、正純の母役の方、良く見かける役者さんだからこんな嫌な役で大変だっただろうと ちょっと思った。

♥私、正純母の豹変ぶりが無理だった。女優さんは納得して演じてたのかな?

▼正純の母役・岩本多代
ドラマ『○○妻』 岩本多代

▼控えめて大人しい性格から、夫の死をきっかけに鬼姑へ。その豹変ぶりに困惑する視聴者も…
ドラマ『○○妻』 岩本多代 ドラマ『○○妻』 岩本多代

Yahoo!知恵袋:○○妻について 正純のお母さん、人が変わりすぎて若干困惑してます

♥遊川は出演者らに謝罪しなさい

♥まあ遊川さんには「純と愛」という前科があるからね

♥「純と愛」は不評だった上に、朝ドラの中では視聴率すごく悪かったはず。朝ドラなのにストーリーが鬱すぎた。

▼DV、立てこもり、離婚、失業、認知症、乳幼児を火傷させる、包丁をとり出して自○未遂等々のストーリーが不評を買い、平均視聴率は17.1%とここ数年の朝ドラでは最低視聴率を記録した『純と愛』
ドラマ『純と愛』

関連記事:朝ドラ『純と愛』最終回の視聴率は20.2%、期間平均視聴率は17.1%…この3年では最低視聴率を記録
YouTube:1分で振り返る朝ドラ『純と愛』(プTV)

♥脚本家が演出もしてたらしいけど、何でこんなんなるかなぁ。自身の歪んだ幸福感とかいろいろ出ちゃったね、遊川さん。

♥この脚本家は登場人物にハクを付ける為だけに子供を死なせる設定をちょくちょく使うから嫌い。女王の教室もミタも今回のドラマもみんな子供を亡くしてる設定。発想が安易だし不快。中学生の書いたような安いドラマばかり。純と愛の時は演出にまで口を出して夏菜がノイローゼ寸前だったらしいし、あんなペラい脚本書いといてなぜ恥ずかしげもなく威張れるのか疑問。

▼遊川氏に「技術がない」「苦労すればいい」と容赦なくダメ出しされていた『純と愛』のヒロイン・夏菜。ブログで「崩壊寸前でした」と胸の内を明かし、立ち直ったのは2014年に入ってからだったとインタビューで語っていました
夏菜

関連記事:NHK朝ドラ『純と愛』に批判続出…ヒロイン・夏菜は『ミタ』脚本家に潰される?
関連記事:夏菜の迷走が止まらない!? 朝ドラヒロイン“ひとり負け” 押尾学事件の余波がここにも…

♥遊川和彦は(脚本家としての師匠が同じ伴一彦)野島伸司に対するコンプレックスが年々顕著になってる。拗らせすぎて過激であれば何でもいいみたいに雑な内容だし

▼1984年のドラマ『うちの子にかぎって』や1987年のドラマ『パパはニュースキャスター』などの脚本を手がけた伴一彦氏
伴一彦氏

ドラマ『うちの子にかぎって』 ドラマ『パパはニュースキャスター』

▼1991年のドラマ『101回目のプロポーズ』や1995年のドラマ『未成年』などで脚本家・野島伸司氏は伴氏に師事
野島伸司氏

ドラマ『101回目のプロポーズ』 ドラマ『未成年』

▼一方の遊川氏は1987年に、元々伴氏が手掛けていた『うちの子にかぎって』のスペシャルIIで脚本家デビューを果たしている(※遊川氏と伴氏の師弟関係は不明)
ドラマ『うちの子にかぎって』スペシャルII

♥↑野島に嫉妬して、女教師版「高校教師」の「魔女の条件」書いたもんね…

▼男性教師と女子生徒の恋愛・同性愛・自殺など、「社会的タブー」を真正面から扱った作品として、非常に話題になった野島氏脚本の1993年のドラマ『高校教師』(左)、遊川氏が脚本を務めた、女教師と男子生徒の禁断の愛を描いた1999年のドラマ『魔女の条件』
ドラマ『高校教師』 ドラマ『魔女の条件』

♥なんだ、野島伸司に嫉妬してるのか。野島伸司ってセンセーショナルな作品多いもんね。野島伸司の土俵で戦っても遊川和彦は勝てないと思う

♥野島コンプもそうだけど、弟子の森下佳子の脚本(白夜行、仁、ごちそうさん)の方が評価されて焦ってると思う

▼ヒット作を出し続けている脚本家・森下桂子
森下佳子氏

ドラマ『白夜行』 ドラマ『JIN-仁-』 ドラマ『ごちそうさん』

♥とにかくもう遊川脚本のドラマは見ない。純と愛を見ていた知り合いが○○妻を見ないと言ってた訳がよくわかりました。ハッピーエンドじゃないとかそういうレベルの不満じゃなくて展開は支離滅裂、意味不明のエピソード満載、何でもかんでもセリフで説明、伏線と思っていたらただ意味あり気にしてただけ、どうにも終わらなくなったら主人公がこれまでのストーリーと脈絡なく死亡。ここまで低レベルの連続ドラマは無いと思う

♥完全に地雷脚本家として認定されました。ご愁傷様です

[コメント引用元:ガールズちゃんねる

(;´Д`) 例えバッドエンドでも、もっとストーリー性があれば視聴者も納得できるのに、さすがにぽっと出の不良に絡まれて亡くなるのは…。結局、遊川さんはこのドラマで何を伝えたかったんでしょう?

★新サイト「ガールズちゃんねる」でもニュースたくさん紹介中♪

コメント(39件)

  1. 匿名さん    2015年3月23日(月) 21:03:00

    コメディだったんじゃない、笑。
    柴咲と東山っていうキャスティングも、どうなんだか。

  2. (^ω^)さん    2015年3月23日(月) 21:25:18

    東山紀之が棒過ぎて笑えた。

    正純さんになりきれていなかった。一方のひかりは凄かった。
    柴咲コウちゃんは、どんな脚本でも素敵だということが分かったよ。(笑)

  3. 匿名さん    2015年3月23日(月) 21:32:50

    棒かぁ。私はあの東山さんのワガママな子供っぽい演技が妻がいなくちゃダメな夫感が出てて良いと思ったんだけどなぁ。

  4. 匿名さん    2015年3月23日(月) 21:41:16

    ありがちな最後だったし

    意味がわからないよ

    引き返してきたクソガキが
    柴咲に後ろから足蹴りして
    2を階段へ落下って…

    いままでニュースでの東山は
    弱者を守り悪なるものを
    痛烈に訴えかけてきたキャラなのに
    クソガキらについてはあまり語らず
    (もしかして、リアルに川崎市中1殺人事件というリンチと時が被って変更とか?)

    柴咲役が結局は不幸な人生で
    (内容はきれいですがリアルではない)
    最後くらいは幸せになって欲しかった

    最終回残念でした

  5. 匿名さん    2015年3月23日(月) 22:00:14

    純と愛のトラウマから観なかったから正解!!

  6. 匿名さん    2015年3月23日(月) 22:10:01

    うん、ヒガシが、奥さんがいないと色々とダメなんだけど、奥さんがうまく転がして素敵な夫を作ってる感が出ててよかったよね。

    しかしあの唐突な襲撃と転落とメリーゴーランドは確かに通ずるところあった。視聴者が口あいちゃう感じが( ̄∀ ̄)

  7. 匿名さん    2015年3月23日(月) 22:14:38

    見てないけど実に飯が旨いです

  8. 匿名さん    2015年3月23日(月) 22:23:17

    初めて観たこの人の作品は「純と愛」だった。
    でも主人公の下手さとうるささに嫌気がさして10話目くらいで脱落。
    この人は視聴者をイライラさせる脚本作りをする人だと思った。
    でも東山さんの演技が好きなので○○妻を観てみようと思ったけど、相変わらず人を“おちょくる”流れだったから1話で止めた。
    私はこの人は嫌いだ。
    注意:おちょくるとは九州弁で「からかう、ばかにする」

  9. 匿名さん    2015年3月23日(月) 22:35:29

    私は後藤さんのこと入れたのが許せなかったけどな
    戦争やってる国に取材に行くんだー、わざわざ行くのはおかしいわーって言ってたよね
    こいつ(ゆかわ)韓国の震災お祝いしますの人みたいって思った

  10. 侍さん    2015年3月23日(月) 22:40:55

    エロ目だよねいつも、スドーザウルスみたい、きれいではない。在日だから朝鮮戦争で滅びなさい。

  11. 真・御意見番さん    2015年3月23日(月) 22:51:47

    ストーリーはろくに見なかったのですが、この記事を見て、まともに思えるコメントが多いのに感心しました。
    日本もまだまだ捨てたものではない。
    そんな人たちが制作の側に立って舵をとっていけたらもっといい作品ができるのだろうなと思いました。

  12. リリナさん    2015年3月23日(月) 23:25:47

    柴咲コウさん&椎名林檎さんのファンなので○○妻見ましたが、ホントにただただ柴咲コウさんが綺麗だったドラマなだけでした。
    脚本は?だけどDVDは欲しいです。

  13. 匿名さん    2015年3月23日(月) 23:30:48

    死亡妻って!(笑)

  14. 匿名さん    2015年3月23日(月) 23:41:53

    本当にクソドラマ!
    この脚本家のもう絶対にみない!絶対にだ!ばかやろう!

  15. 匿名さん    2015年3月23日(月) 23:43:55

    時間を返せ!!

  16. 匿名さん    2015年3月23日(月) 23:44:25

    話が支離滅裂だった。

  17. 匿名さん    2015年3月23日(月) 23:46:01

    川崎事件を思い出して嫌な終わりでした。

  18. 匿名さん    2015年3月23日(月) 23:47:14

    結局、高校生はどうなったの?殺人して何もなし?

  19. 匿名さん    2015年3月24日(火) 00:21:37

    最終話コレッ!?
    クソだな
    やっつけ仕事かよ
    後は無いね

  20. ペニー曜子・熊田さん    2015年3月24日(火) 00:26:16

    裏の残念な夫の方が面白いと想うよ。

  21. 匿名さん    2015年3月24日(火) 00:55:45

    視聴者バカにし過ぎ。
    こんなんじゃ期待出来ない。今後は見ないね。

  22. 匿名さん    2015年3月24日(火) 00:56:30

    へぇ~魔女の条件とミタって同じ脚本家なのか
    松嶋と相性がいいのかな
    女王の教室は天海祐希の阿久津真矢が何者か気になって結局全話みてたけど
    とにかく主人公のキャラだけで、ストーリーはないもん
    なんか過激な描写すれば視聴率稼げるって思ってそう

  23. 匿名さん    2015年3月24日(火) 00:58:28

    せっかくのキャスティング他、無駄に使ってしまったバカ野郎だね。業界追放しろ。勝手に消えるか

  24. 匿名さん    2015年3月24日(火) 01:00:33

    こいつがいかに才能が無い事を晒しただけ
    お疲れ様

  25. 匿名さん    2015年3月24日(火) 01:03:54

    エーケービーとか使って、おもろないドラマ作れば?オタには受ける?オタの方がチェック厳しいか?

  26. 匿名さん    2015年3月24日(火) 01:09:08

    まさか、こんなバカバカしい流れになり終わるとは…常識的に無しだろ
    おいっ!!思い切ったな。自ら仕事棄てた?

  27. 匿名さん    2015年3月24日(火) 01:15:07

    出演者も予期せぬクランクアップ。
    忙しい中、煮え切らなかっただろうな。

  28. 匿名さん    2015年3月24日(火) 01:19:15

    最終回まで見た人で納得するっていると思う?
    何だったの?時間返せって大多数に挙手

  29. 匿名さん    2015年3月24日(火) 01:20:32

    柴崎コウをムダに使うな

  30. 匿名さん    2015年3月24日(火) 03:49:34

    視聴率は取れるけど、最終話で酷評される脚本家w
    悪評以外で終わったドラマが話題に上らない人。
    でも徹底的に視聴者が興味出そうな謎を仕掛けて最後まで視聴させて
    視聴率取るんだから、ある意味プロフェッショナルなんだろうねw
    全く広げた物をたたまないけど。

  31. 匿名さん    2015年3月24日(火) 06:46:23

    最初から見てなかったしいいや。

  32. 匿名さん    2015年3月24日(火) 07:46:37

    2話目ぐらいで面白くないからやめて正解だったようだ。途中から観たゴーストライターの方が面白かった!

  33. 匿名さん    2015年3月24日(火) 08:34:31

    赤コメにもあったけど「純と愛」も最悪でした。最終話で意識不明の愛が純のキスで目覚めれば、視聴者の期待通りハッピーエンドで良かったものを、視聴者の予想を外さなければいけないという終わり方をしてモヤモヤ感ハンパない感じでした。このドラマ以降この人の脚本ドラマは見ません。

  34. 匿名さんさん    2015年3月24日(火) 11:20:05

    「純と愛」もヒドかったよなーー
    最終回のほとんどが、純のポエム朗読に費やしてたしな

  35. 匿名さん    2015年3月24日(火) 11:46:59

    ミタは再放送チラッと見ただけだけど、この人の脚本は途中で不自然に登場人物の性格が変わる。

  36. 匿名さん    2015年3月24日(火) 23:06:31

    奇をてらいすぎて結局失敗するというパターンですか

  37. 匿名さん    2015年3月25日(水) 09:46:51

    確かにミタは もう一回みたいとは思わないな

  38. 匿名さん    2015年6月25日(木) 03:54:40

    自身の生い立ちが不幸だったので、
    「幸せな家族は描きたくない」らしい

    育ちが悪いとこうなる、という良い見本だと思うわ
    視聴率が取れればそれでいいという低レベルの世界の住人めが

  39. 匿名さん    2016年12月21日(水) 16:05:00

    何か心臓発作で急死という方がまだ理解できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気ニュースランキング(月間)

>>ランキング11位以下はこちら

スポンサードリンク

ブログパーツ

あわせて読みたい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ