大江千里(56歳)苦難の末につかんだ現在 47歳で日本での活動をすべてやめ…

2017年2月2日(木) PM 2:45

28日放送の「サワコの朝」(TBS系)で、大江千里(56歳)が現在の活動を語った。

大江千里

番組では、大江がスタジオゲストとして登場し、司会の阿川佐和子(63歳)とトークを繰り広げた。大江は、22歳の大学在学中にシンガーソングライターとしてデビューし、1980年代から90年代にかけてヒット曲を連発。だが、47歳で日本での活動を全てやめ、ジャズピアニストの夢をかなえるため、アメリカでジャズの名門大学に入学していた。

『サワコの朝』大江千里&阿川佐和子

…大江が語った大学での苦悩日々。続きを読むにはlivedoorNEWSへ!

[引用元:livedoorNEWS

これについてネットでは…

♥大江千里さん、久しぶりに見た。学生の頃、大江千里さんの歌で随分元気もらった。新しい場所で頑張ってるんですね。嬉しくなりました。

▼現在はニューヨーク・ブルックリンに拠点を置き、ジャズピアニストとして活動しているという大江
大江千里 ジャズ

♥何歳からでも挑戦て素晴らしい

▼ジャズピアニストになる夢を追い、日本を出たのは47歳のとき
『サワコの朝』大江千里 『サワコの朝』大江千里

♥日本の音楽活動やめてアメリカの音楽学校でジャズの勉強始めたころ(47才ってことか)セッションの授業で二十歳前の同級生に「先生、この人がいるとジャズになりません」って言われて愕然としたってテレビで言ってるの聞きました。日本とはミュージシャンの層の厚さやレベルが桁違いの厳しい世界。お金は十分あるだろうからその辺の心配しないでいいのは羨ましい。

▼2008年1月から音大に通い始めるも、大江の演奏を聞いた途端、クラスメイト達は大江を避けるように。このような状況が2年ほど続いたんだそう
『サワコの朝』大江千里

♥日本ではプロのシンガーソングライターでもアメリカでやっていくには苦労するっていうのに、綾部はホント何しに行くんだか…って感じよね(笑)

▼今年4月からニューヨークに拠点を移し、ハリウッド俳優を目指すピース・綾部祐二。しかし実際には「ニューヨークのオシャレなカフェで働く事が目的」と南海キャンディーズ・山里亮太がラジオで明かしています
綾部祐二 山里亮太

参考:山里亮太がピース綾部の渡米目的を「おしゃれカフェで働きたいだけ」とガチ暴露

♥同級生にファンの男子がいたな。よくコンサート行ってた。コンサートは女性ばかりだと言ってた

♥すごく人気あったんだよ。歌はヒットするし、ドラマ、映画、CM、アイドルのような人気で。球場もアリーナも埋め尽くしてた。小田和正監督映画にも出てたし。人気が落ち着いて、やりたいものをやりたいとアメリカに行ってしまったんだよね。好きだったし、今も曲は聴きます。

♥カルタスのCM流れるたび、嬉しくてニヤニヤしてたわ(*゚∀゚*)

▼1990年~1992年までスズキ『カルタス』のCMに出演
スズキ・カルタス CM

YouTube:CMですよ~05「SUZUKIカルタス」

♥好きな人ごめんなさい。この人一度も歌が上手いって思ったことないわ。

♥↑歌は上手じゃないよ。歌詞とかメロディが良いので男版ユーミンと呼ばれてた。

▼歌唱力は疑問視される事が多いものの、楽曲の良さや特徴的な歌声で、味わい深い雰囲気が魅力の松任谷由実
松任谷由実

▼“男版ユーミン”と呼ばれていた大江。元々は作詞作曲のみで、自分で歌を歌う予定はなかったのだとか
大江千里

参考:大江千里さんインタビュー。47歳でニューヨークにジャズ留学した理由と現在の働き方とは?

♥大好きだったわあ。この人は歌が上手いとかどうとかの次元じゃないのよ。声、歌い方、歌詞、曲がどれも唯一無二で、ハマる人はハマっちゃうんだよね~。

♥大江千里とかKANは歌が上手い訳じゃないけど歌詞やら雰囲気が良かった。

▼80年代後半~90年代前半に活躍したKAN。1990年リリースの『愛は勝つ』は累計200万枚以上を売り上げる大ヒット
KAN『愛は勝つ』

YouTube:愛は勝つ

♥職場にいたらモテそうなタイプだった。

♥初代メガネ男子!

▼大江のトレードマークでした
大江千里『Pleasure』

♥↑またこんな眼鏡流行ってるよね

▼ラウンドメガネ、流行ってますね
杏 綾野剛

参考:有村架純、広瀬すず、前田敦子…みんな“丸メガネ”に夢中

♥今で言うところの星野源ポジションだった人

▼シンガーソングライター、俳優、文筆家と、マルチな活動で人気を広げている星野源
星野源

参考:星野源「恋」が配信14週連続1位、130万DL突破! 「逃げ恥」も6部門独占しドラマ賞を受賞

♥↑わかる。小学生の頃大江千里ファンで今星野源ファンの私。ブレないw

♥福山雅治のスズキトーキングFMの前番組ってこの人じゃなかったっけ?よく聴いてたな、懐かしい!オレオを分解してバターを挟んで元通りにして食べるのが最高!って言ってたのを思い出した(笑)そりゃ太るよね。

▼1989年4月~1994年3月まで放送されていたラジオ『大江千里のSUZUKI STATION KIDS』。1994年4月からはこの枠で福山雅治の『福山雅治のSUZUKI Talking F.M.(福山雅治 福のラジオ)』が始まり、2015年に放送1000回を達成
『福山雅治のSUZUKI Talking F.M.(福山雅治 福のラジオ)』

♥太ったなぁー(笑)

▼昨年5月にはなぎら健壱に似ているとTwitter上で話題に
大江千里なぎら健壱

▼『サワコの朝』では本人も「サイズは大きくなった」と認めていました
『サワコの朝』大江千里

参考:大江千里がなぎら健一にしか見えなくなってた「なぎら健一が死んでも影武者になれるレベル」とちょっと話題に

♥昨年あたりに小泉今日子がニューヨークに行く番組でジャズクラブで対談していたけど、大江さんすごく地に足がついてる感じで素敵だったよ。こういう風になるとは予想できなかった。

▼昨年1月3日放送の密着ドキュメント『小泉今日子50歳ニューヨーク』で、NYのグリニッチヴィレッジにあるジャズクラブ『THE BITTER END』を訪れ、大江と25年ぶりの再会を果たした小泉今日子
密着ドキュメント『小泉今日子50歳ニューヨーク』小泉今日子&大江千里

参考:小泉今日子のニューヨーク旅に密着 現地で大江千里と25年ぶりの再会も

♥パパとなっちゃんの頃の面影無さすぎ

▼1991年のドラマ『パパとなっちゃん』で共演していた2人。大江は小泉の婚約者役でした
『パパとなっちゃん』小泉今日子&田村正和 『パパとなっちゃん』小泉今日子&大江千里

♥かっこわるぅい ふ ら れ かぁた

♥↑君が欲しい 今でも欲しい~♪

▼1991年リリースの『格好悪いふられ方』は、50万枚以上を売り上げた大江自身最大のヒット曲。『パパとなっちゃん』への出演がきっかけで、ドラマ『結婚したい男たち』の主題歌に起用
『格好悪いふられ方』大江千里 ドラマ『結婚したい男たち』

YouTube:格好悪いふられ方 大江千里

♥タモさんがよく真似してたよね。

▼「かっこわるぅい ふ ら れ かぁた」と大江の特徴的な歌い方をタモさんが良く真似していました
『サワコの朝』大江千里 タモリ

♥ゲイなんだよね?噂では

♥女性と結婚してるよー

▼2008年に渡米後、一般女性と結婚した事が2013年、明らかに。お相手の女性は20年来の付き合いなのだとか
大江千里

参考:大江千里、渡米後に結婚していた お相手は「20年来の一般女性」

♥懐かしい!!いたわ、この人!ありが~とう~♪って歌、何となく覚えてる。

▼1992年のヒット曲『ありがとう』はドラマ『十年愛』のテーマ曲
『ありがとう』大江千里 ドラマ『十年愛』

dailymotion:大江千里 「ありがとう」

♥10年愛でメリーゴーランドが壊れて高速回転して飛ばされて死んだ。当時も今もギャグだった。

▼『十年愛』で大江は、操作盤の故障(実際には壊された)により高速回転したメリーゴーラウンドの遠心力で飛ばされ、地面に叩き付けられ、病院に搬送されるも死亡。今でも語り継がれる“笑撃的”な名シーンです
ドラマ『十年愛』大江千里

▼ちなみに『十年愛』の脚本は、とんでもな結末が酷評された2015年のドラマ『○○妻』の遊川和彦
ドラマ『○○妻』 柴咲コウ

関連記事:柴咲コウ主演ドラマ『○○妻』の最終回が酷評祭り!まさかの“オチ”に「雑すぎる」「遊川脚本は見ない」

♥十年愛懐かしいね。メリーゴーランドで吹っ飛ばされて病院に搬送されたあと、包帯巻いて人工呼吸器つけてるのにメガネだけはちゃんと掛けてて笑ってしまった記憶がw

♥10年愛見たいな~。田中美佐子が親友の婚約者の大江千里を結婚式当日に取るのよね。浜ちゃんと鈴木杏樹も出てた。多分25年くらい前のドラマだわ。当時、中学生だったのによく覚えてるもんだわ。

▼主演は田中美佐子、浜田雅功。鈴木杏樹の女優デビュー作でもあります
ドラマ『十年愛』

♥役者としても好きだったな。十年愛や映画の学校の医者の役とか。曲だとRainが好き。

♥Rain大好きだなあ。最近、秦基博がカバーしたよね。

▼1988年のアルバム『1234』に収録されている『Rain』
アルバム『1234』大江千里

YouTube:大江千里 - Rain

▼秦基博が2013年にカバーし、アニメ『言の葉の庭』のエンディングに起用されています
秦基博『言ノ葉』 『言の葉の庭』

YouTube:Rain 言の葉の庭 ED 歌:秦基博 歌詞付き

♥マッキーがカバーしている。良い曲だ。

▼槇原敬之は1998年にリリースした初のカバーアルバム『Listen To The Music』に『Rain』を収録
槇原敬之 槇原敬之『Listen To The Music』

YouTube:槇原敬之 Rain 原曲:大江千里

♥マッキーやらKANやら今の星野源やらの原点みたいな気がする。歌詞やメロディーが深くて、今聴いても染みる!!

♥詞と曲が良いのよ。槇原敬之は大江千里に憧れて同じ大学受けたけど落ちたんだよね。憧れてデビューしてでもマッキーがデビューして大江千里は人気が落ちた。どっちも好きです。

♥1984年の大江の楽曲『BOYS&GIRLS』を聴いてファンになった槇原は、大江の母校である関西大学を3回受験し3回とも不合格に。雑誌で大江と対談した際には「人生変わってもいいから関学行きたかったなあ」と語っています
槇原敬之

参考:Vol.8 : 槇原 敬之[ J-WAVE LIVE EXPLORER ]
参考:kenzee観光第二レジャービル

♥松田聖子の、パール・ホワイト・イブ はこの人のサッキョクだよね。良い曲。

▼大江が作曲を担当した1987年リリースの松田聖子の『Pearl-White Eve』。大江自身も2003年のセルフカバーアルバム『home at last~Senri Sings Senri~』でこの曲を歌っている
松田聖子『Pearl-White Eve』

YouTube:松田聖子 ~ Pearl - White Eve

♥↑歌番組で聖子さんが歌った後、ALFEEの高見沢さんが、いい曲だね…って言ってたのが忘れられない

高見沢俊彦

♥そうそう、この人は作曲家として才能ある。渡辺美里の「悲しきボーイフレンド」もすごくいい曲。

♥「すき」渡辺美里作詞 大江千里作曲。この歌もすきです。

▼1985年にリリースされた渡辺美里のファーストアルバムに収録されている『悲しいボーイフレンド』、1989年のシングル『すき』
アルバム『eyes』渡辺美里 渡辺美里『すき』

YouTube:悲しいボーイフレンド.mp4
YouTube:渡辺美里 すき

♥渡辺美里と結婚するのか?しないのか?と勘違いするくらい、しょっちゅう一緒にいたイメージ。

▼同じレコード会社から同時期にデビューし、同時期に絶頂期を迎えた2人。楽曲提供するなど交流も多く、当時は交際を疑う声もあったよう
大江千里&渡辺美里

♥当時は大江千里、尾崎豊、岡村靖幸、松岡英明、TM NETWORKとかの時代だったね!

▼80年代半ば~90年代前半のミュージックシーンを牽引したアーティスト
大江千里 尾崎豊 岡村靖幸

松岡英明 TM NETWORK

♥ギターブック売れてたよね。GB。

♥↑パチパチもあったよね。

♥↑あと、バックステージパス? もあったよね

▼1980年代、音楽雑誌の中ではナンバーワンの部数を売り上げた月刊音楽雑誌『ギターブックGB』。当時人気を博していたチェッカーズを「アイドルっぽい」という理由で取り扱わず、これに反発した当時の副編集長が創刊したのが『PATi PATi(パチパチ)』。1985年に創刊した『B-PASS(バックステージパス)』は現在も発行中
『ギターブックGB』 『PATi PATi』 『B-PASS(バックステージパス)』 1989年1月号

♥懐かしいな。CDとビデオとファンクラブの会誌とツアーパンフまだ持ってるよ。今聞いても良い曲がたくさんある。

♥中学の時に高校見学に行ったら案内役の方が「あちらに見えるマンションに大江千里さんが住んでらっしゃいま~す‼」を思い出した。四ッ谷でした。

♥「指が覚えた 市外局番 何度も回して切った」なんて歌詞を聞くと、昭和のあの頃を思い出す。人の家電の番号を暗記する事ももう無いし、そもそも電話ボックスが見当たらないし。垢抜けない時代が懐かしい。

▼1985年、8枚目のシングル『フレンド』。歌詞に時代を感じますね~
大江千里『フレンド』

♥どれ、ワラビーぬぎすてるか…

▼最後は1983年のデビュー曲『ワラビーぬぎすてて』…ワラビーワラビー♪
『ワラビーぬぎすてて』大江千里

YouTube:ワラビーぬぎすてて 大江千里

[コメント引用元:ガールズちゃんねる

(*^-^*) 良い形で日本の音楽界を離れてたんですね。47歳で全てを捨てて夢を追いかけるってなかなか出来ない、すごいなぁ。

★新サイト「ガールズちゃんねる」でもニュースたくさん紹介中♪

コメント(14件)

  1. 匿名さん    2017年2月2日(木) 15:02:22

    ふむ( ˘ω˘ )世代じゃないので知らない方だったけど曲聴いてみたら素敵だった。
    歌詞がいいねぇ。私生まれてから電話ボックスなんて入ったことないけど、何故か凄い懐かしく感じちゃう。

  2. 匿名さん    2017年2月2日(木) 15:13:35

    誰だか全然分からない…

  3. 匿名さん    2017年2月2日(木) 16:33:29

    「きみと生きたい」名曲だよ。

  4. 匿名さん    2017年2月2日(木) 18:30:24

    懐かしい。
    大江千里、好きだったよ。
    今でも好き。
    Rainは槇原や秦はうまいけど、大江千里のあの歌い方が不器用な感じがして良かったな。
    不器用な男性が心に秘めた思いって感じが良かった。

  5. 匿名さん    2017年2月2日(木) 19:02:42

    確か、岡村孝子さんと付き合ってたよね。
    お似合いでした。

  6. 匿名さん    2017年2月2日(木) 20:14:15

    80〜90年代のアーティストに松岡秀明いれてくれてありがとう!松BOW大ファンでした

  7. 匿名さん    2017年2月2日(木) 20:51:22

    GBとかパチパチとか懐かしいなぁ。
    大江千理は十人十色しか知らないけど。
    あとシンガーソングライターは歌唱力は関係ないからねぇ。

  8. 匿名さん    2017年2月2日(木) 21:09:56

    クイッッ!クイッッ!クイッッ!

  9. 匿名さん    2017年2月2日(木) 21:55:23

    今なら星野源
    少し前なら高橋優だったな
    更に遡れば南こうせつかもしれない

  10. 匿名さん    2017年2月2日(木) 22:15:36

    最近は流石にふくよかになったけど、昔の大江千里の画像見ると今でも通用するルックスだわぁ。メガネ男子大好き!
    星野源が今で言う同じポジションっていうのは妙に納得w

  11. 匿名さん    2017年2月3日(金) 01:43:52

    そそ、岡村孝子と付き合ってたんよね。

    一時期、大江、美里、小室の3人でよく歌番組でてたなぁ。

    久々「十年愛」の高速メリーゴーランド思い出してニヤついたわww

    ‥どうでもいいけど、書き込んでる皆、私も含め結構年齢行ってるって話だよねw

  12. 匿名さん    2017年2月3日(金) 07:48:30

    今でも、アルバムのアポロを持ってる。
    昔はよく聴いてたなぁ。

    また、ちょこちょこテレビに出てほしいな。
    関ジャムとか。

  13. We are BABYMETAL!!さん    2017年2月3日(金) 21:56:37

    星野源?通名の星野源と一緒にするなよ(笑)チョン好きなのか?

  14. 匿名さん    2017年2月5日(日) 15:57:16

    ジャズをどうしてもやりたくて、ジャズの名門大学に入ったは良いけれど、たった数音叩いただけで、大江千里の弾き方が『ポップス』そのものだったから、同級生が蜘蛛の子散らすように逃げてしまったんだよねぇ。

    長年日本でポップスを弾いていた影響らしいので、それを矯正していくのは大変だったンだろうなぁ。

    どんなに好きだったジャズでも、ジャズのリズムが体に染み込んでないとジャズにならずに擬きになる。それをいまは自分のものにして、本場でミュージシャンやってるんだから、凄いと思うんだけど、当時のマネージャーが『ジャズマンになりたい』って云ったことをキチンと聞いてくれて、決まってたTOURを全部キャンセルして退路を絶ち、応援してくれたのも凄いと思ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサードリンク

ブログパーツ

あわせて読みたい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ