女優・加藤貴子が第2子妊娠をブログで報告!1週間前に「夫の不妊」を報告したばかりなんですけど…

2017年3月21日(火) AM 6:27

ドラマ「温泉へ行こう」シリーズに主演した女優の加藤貴子さん(46歳)が3月19日、46歳で第2子を妊娠したことを、自身のブログで報告した。2013年10月に一般男性と結婚。14年11月に体外受精で授かった第1子の男児を出産し、16年2月から妊活を再開していた。

▼加藤貴子
加藤貴子

出産予定日については「予定日は47歳を目前に控えた、9月上旬。(すごく)高齢出産です」と記した。加藤さんはこれまでも、不妊に悩む女性たちの力になれたらと、夫の理解を得てブログに不定期に妊活記をつづっている。

加藤貴子がブログで赤裸々に明かした不妊治療の詳細についてはTHE HUFFINGTON POST

[引用元:THE HUFFINGTON POST

これについてネットでは…

♥すごい!おめでとうございます

▼女優の加藤貴子が自身のブログで第2子妊娠を報告し話題に
加藤貴子、ブログ

♥おめでとうございます!花より男子の女将さんだよね

▼2005年放送のドラマ『花より男子』では主人公(井上真央)がアルバイトする和菓子屋の女将役を務めました
ドラマ『花より男子』加藤貴子、井上真央 ドラマ『花より男子』加藤貴子

♥温泉へ行こう大好きだったな。年齢的に色々リスクはあるだろうけど、年齢は関係なく出産は命がけだからね。無事に産まれてくるといいな。

▼加藤の代表作には、1999年~2005年にかけて放送された昼ドラ『温泉に行こう』シリーズなどがあります
ドラマ『温泉へ行こう』加藤貴子 ドラマ『温泉へ行こう』加藤貴子

♥46歳には見えないし46歳で妊娠かー。おめでとうございます!頑張ってください!

▼1970年10月14日生まれで46歳の加藤。出産は加藤が47歳になる直前の9月を予定しているそう
加藤貴子

♥46歳からゼロ歳児の子育て普通に尊敬する。体力も気力もあって良いな

♥うちの母は46歳でおばあちゃんになったよ

♥↑その年でおばあちゃんなら結構ありえるよね。母もおばあちゃんも23歳で産んでればそうなる。つか、23歳で出産事態、正直そこまで言うほど早すぎることはないからね。もう結構な大人だし。

▼単純計算で、23歳の時に産んだ子供が23歳で出産すると、46歳で祖母にもなれますね…
祖母と孫

♥アラフォーの希望の星

♥↑バリバリのアラフィフですが

▼年齢が50代前後の人を「アラフィフ」と呼びますので、四捨五入すると50の加藤は「アラフォー」というより「アラフィフ」?
加藤貴子

♥初産じゃないからこの年齢でも怖くないのかな…色々な意味で怖いけど

▼高齢出産の場合、妊娠高血圧症候群などの病気になるリスクが高くなり、 流産、早産、難産になる確率も上がるのだとか
妊娠

♥妊娠はおめでたいけどダウン症の確率とか大丈夫かな

▼ダウン症児が生まれる確率は母親が30歳の場合1/952ですが、45歳では1/30まで上がります
高齢出産、ダウン症

参考:高齢出産のダウン症確率

♥加藤さんは頑張ったのだろうし、おめでたいことけど、若い子には、みんながみんなこの年齢で妊娠して産める訳じゃないと知っててほしい。普通じゃないから。

▼加齢や生活習慣のダメージから卵子が劣化するといわれており、初産の場合35歳を越えると着床率が低下するとされています
高齢出産

参考:リスクをきちんと受け入れる。高齢出産を正しく理解しよう

♥若い頃の卵子残しておいたのかな?

▼若い頃の卵子をマイナス196℃の液体窒素タンクなどで凍結保存し、解凍して体外受精に使用することも可能です
卵子凍結 卵子凍結

♥おめでたいけど、46歳で不妊の原因があるのに妊娠できるっていうのは、運もあるけどそれだけ金があるってことだよ。不妊治療に総額いくらかけたのかも教えて欲しいわ。一般人ではちょっと無理なんじゃないかと思うなぁ

▼タイミング法の場合1周期約5000円~1万円前後、人工授精では1周期約1万円~3万円前後、体外受精では1周期約30万円~50万円の費用が必要。加藤の場合、体外受精で第1子を授かったもよう
不妊治療、費用

参考:不妊治療の費用と妊娠率

♥つい最近の男性不妊発表したの何だったの?しっかり2人目できてんじゃん(笑)黙って普通に第2子妊娠発表でよかったのにね。

▼3月12日のブログでは「これから妊活を始めようとしている方の旦那さん、またはパートナー、男性の方へのメッセージです」と切り出し、不妊の原因が女性だけではないと主張。さらに自分の家庭の場合は男性不妊だったと告白。この時点ではすでに妊娠に気付いている可能性は高そうですね…
加藤貴子

参考:加藤貴子 夫の「不妊」を告白 妊活の現実伝える

♥モナを思い出した。不妊を告白→数日後に第一子妊娠発表。

▼2011年10月19日に自身のブログで不妊を告白した山本モナ。しかし同年11月14日には妊娠の報告をし、2012年7月には女児を出産
山本モナ 山本モナ 山本モナ

♥さりげなく旦那さんが傷つく事を公の場で言わなくても…数年後くらいに男性不妊の事は話せばいいのではないかな

▼ブログでの妊活報告については夫の同意も得ているようですが、「夫が酒の飲み方を守れなくなり生殖細胞の状態が悪くなっていた」とブログで赤裸々に内情を明かしています
加藤貴子

♥世間は加藤貴子の方しか知らないけど、旦那さんの周りは「嫁が加藤貴子」な旦那さんのほうをよく知ってる人ばかりなのに…自分の知り合いにこの旦那さんの立場のような人がいたら「加藤貴子と結婚スゲー!」から印象ダダ落ちというか同情するわ。当然旦那さんがいいと言ったからなんだろうけど、ユカイみたいに本人が言うならわかるけど、これはちょっと…男性芸能人が一般人の奥さんを「うちの妻が不妊で」なんて発言したら フルボッコだと思うんだけど。逆ならいいの?一石を投じるって、相手一般人なのに??って思っちゃう。

▼自ら男性不妊であることを告白しているダイヤモンド☆ユカイ。「おれは男(らしさ)を売りにして『ロックンロール!』と言ってきたし、こういう問題(不妊治療)に対して『女のことだ』ってバカにしていたところがあった」と振り返っていますが、現在は3人の父親に
ダイヤモンド☆ユカイ

関連記事:ダイアモンド☆ユカイ、キラキラネーム批判に反論→しかし「頼音(らいおん)と匠音(しょーん)はヒドイ」との声…

♥でも自身も何度も流産してたんだよね?なら男性不妊だけじゃないじゃん。自分もじゃん。

▼これまで何度も流産を経験しているという加藤。そのため今回の妊娠報告も「私の妊活の壁を越えられたらお伝えしよう」と考えていたよう
加藤貴子

♥安定期に入ってから発表しなよ。安定期来てないなら、聞いてる側が不安になるわ

▼妊娠10週で胎児が30mmを超えれば、流産の確率がかなり低くなるといわれています。加藤は現在この段階?ちなみに胎盤が完成する妊娠16週期からが「安定期」で、この段階で妊娠を報告する芸能人が多いです
三倉佳奈、妊娠報告 高島彩、妊娠報告

参考:山田優&小栗旬夫妻に第2子 既に安定期、来年2~3月に出産へ
参考:安田美沙子、第1子妊娠 「安定期に入りました。元気です」 

♥安定期にも入ってないのに報告!?舞い上がっちゃったのかな。出産してから報告でいいのでは。妊娠中はまだまだ何があるかわからない。夫の不妊といい、なんでも報告すればいいってもんじゃないよ。

▼安定期でも妊娠22週を越えずに出産してしまうと、呼吸器官が未完成なので胎児は生きることができないため流産という扱いになります
流産

参考:よく聞く「妊娠10週の壁」。でも壁は1つじゃなかった!

♥感じ悪いな。不妊を公表してこんな超高齢で2人目とか全然不妊ちゃうやん。

▼加藤が44歳となる2014年11月に第1子を出産しており、昨年2月から妊活を再開したそう
加藤貴子

参考:44歳で…加藤貴子が第1子男児出産「お母さんになりました」

♥>13年に結婚、14年に第一子出産、17年に第二子←順調にしか見えないけど

▼2013年10月に一般男性と結婚したことをブログで発表
加藤貴子

♥13年に結婚で8年前にクリニックの門叩いたってどういうこと?結婚前から治療費してたってこと?

♥何かで不妊治療の扉を叩くまで8年ってみたけど、事実婚状態で子作りはしてたって意味なのかな?結婚してから第一子までは確かに早かったけど、何かすごい長くかかったみたいなことどっかに書いてあったけど。

▼ブログによると夫婦でクリニックの門を叩くまで「8年間も足踏みした」そう。2013年に結婚し2014年に第1子を体外受精によって妊娠しているので、結婚前から不妊治療していたことに!?
加藤貴子

♥まだこの人が結婚する前だったけど、ドラマでこの人が1人目を流産か何かで亡くして精神的不安定になって想像妊娠する、みたいな役をしてたの思い出した。もしこの時から病院とか通ってたなら辛かっただろうな

♥↑NHKのやつだっけ?つるかめ助産院

▼2012年放送のドラマ『つるかめ助産院〜南の島から〜』では、流産のショックで想像妊娠する女性役として出演していた加藤
ドラマ『つるかめ助産院』 ドラマ『つるかめ助産院』加藤貴子

♥不妊が女性のせいだけでないってことは、もう少しみんなが認識してもいいと思うんだけれど、最近の芸能人の恋愛から結婚、妊活から出産、子育てまでを全部公表するやり方が、一方で一定の人にかえって窮屈さを感じさせている気がした。「恋愛は?」「結婚は?」「子供はまだ?」「2人目は?」こういう問いに答える義務がない社会になればいいのに。

♥ちょびちょび発表して注目させて本出したり不妊関連のテレビ出演に繋げたいんだろうね。

▼2014年5月より「妊活のため」に休業した森三中の大島美幸。2015年2月に妊娠6ヶ月であることを発表し、同年6月に長男を出産した大島ですが、出産の際にヘルメットカメラをかぶり自らの出産を撮影。そのおよそ1ヶ月後には『日本一 明るくまじめな妊活本』を出版
森三中・大島美幸 森三中・大島美幸 森三中・大島美幸『明るくまじめな妊活本!』

関連記事:大島美幸、妊活本出版へ!印税は全額寄付と公表→ネット「出すと思った」「人生も夫の脚本か?」と批判殺到

[コメント引用元:ガールズちゃんねる

(;´・ω・) 旦那さんは公開されるブログの中身もチェックしてOKを出したのでしょうか?「男性不妊」の認識を広めるきっかけにはなったと思いますが…。

★新サイト「ガールズちゃんねる」でもニュースたくさん紹介中♪

コメント(11件)

  1. 匿名さん    2017年3月21日(火) 06:53:03

    そんな叩くことかな。
    母子ともにまだ安心できないけどおめでたいことじゃん。
    不妊治療は苦痛を伴うし、お金があったって必ずしも妊娠できるわけじゃないし、たまたま運が良かったってことでしょ。
    でも世間は妊娠に対してナーバスなんだなぁ。
    男性不妊を公表したユカイさんは立派だと思う。

  2. 匿名さん    2017年3月21日(火) 07:16:06

    検査して胎児に異常なしって分かったから少し早いけど今の段階で発表したのかな。

    旦那は仕事がない画家で不妊治療で自分も仕事セーブしなきゃならないから実親に500万借りてるって講演会で話してたけど、これで思いっきり仕事出来るね。

  3. 匿名さん    2017年3月21日(火) 07:51:23

    夫の了承得てるならいいけどデリカシーのない人だなとは思った。こういう人だから芸能界生きていけるんだろうけど

  4. 匿名さん    2017年3月21日(火) 09:47:03

    2人目が成人する時67歳じゃん…孫の世話を手伝えるのかな?10年早くても体力的にきついよ

  5. 匿名さん    2017年3月21日(火) 09:49:21

    子供をひとりっ子にしなかっただけでもエライ

  6. 匿名さん    2017年3月21日(火) 10:44:06

    長い結婚生活を経て、待望の妊娠・出産なら「おめでとう」と素直に出てくるんだけど、40代で初婚・結婚で不妊治療を経て妊娠・出産となると・・ちょっと引っ掛かる。
    たまたま子供に関してだけは運が良かっただけだから。
    こういう人に、子育て、子供がどうのこうのと語ってほしくないし、聞きたくもない。
    わざわざ、夫が不妊と公表する必要もない。
    それから、子供をひとりっ子にしなかっただけでもエライって・・えらくもなんともない。

  7. 匿名さん    2017年3月21日(火) 10:47:20

    初産な訳でもないし二人目なんだから、特別高齢出産として改めて気遣う事もないし、そんなに神経質にならなくても大丈夫だと思う。初産だと凄く心配だけどそうじゃないんだからね。
    御懐妊おめでとう。

  8. 匿名さん    2017年3月21日(火) 11:07:50

    46か…めでたいけど更年期とかどうするんだろう

  9. 匿名さん    2017年3月21日(火) 17:18:54

    >子供をひとりっこにしなかっただけエライ

    意味不。「産めよ増やせよ」、軍国教育時代の人?もしくは森友学園、カケイ学園の人??

  10. 匿名さん    2017年3月21日(火) 20:45:47

    2人ぐらいいた方が子供が大人になった時両親高齢でも助けあえるっていうことじゃないの

  11. 匿名さん    2017年3月22日(水) 06:26:30

    国に貢献してくれてありがとう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気ニュースランキング(月間)

>>ランキング11位以下はこちら

スポンサードリンク

ブログパーツ

あわせて読みたい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ