『24時間テレビ』に非難殺到!「本当のママじゃない」と5歳息子に告白した女性に「全国放送で言うな」の声…募金額も減ってるし、もう完全にオワコン?

2017年8月30日(水) AM 11:09

26日放送の日本テレビ系の夏の風物詩『24時間テレビ』。今年のテーマは「告白 ~勇気を出して伝えよう~」だ。 しかし、とある企画の内容が「テレビで告白すべきじゃない!」と物議をかもしている。

24時間テレビ

番組では、神奈川県横浜市で出会ったとある親子に密着する企画を放送。シングルマザーの小田さんは5歳の息子の永遠くん(とわ)に秘密を告白したいという。

それは「じつは血がつながっていない」ということ。小田さんの兄が事情によって永遠くんを育てられなくなり、児童相談所に行く寸前だったときに小田さんが引き取ったそう。そのことを番組を通じて永遠くん伝えたかったようだ。

…さらに詳しい記事の続きはしらべぇ

[引用元:しらべぇ

これについてネットでは…

♥ただ可哀想だった 親の自己満

▼『24時間テレビ』で、シングルマザーの女性が息子に「本当のママじゃない」と告白する場面がありました。これに対し、「テレビでやることじゃない」「全国放送の場で言う必要があったかな?」などと批判の声が上がっています
24時間テレビ

♥24時間テレビ見てないけど残酷な告白だね 子供のこと全く考えてない

♥これは24時間テレビが好きなうちの母でさえ怒ってたよ。全国に知られるなんて子どもが可哀想過ぎるって。

♥まだ理解できないなりに理解しようとしてて男の子がかわいそうに見えたよ

▼女性の「ずっとママでいてもいい?」との質問に、「もちろんさ」と答える息子さん。5歳の彼がどこまで分かっているのかは不明ですが、いい子ですね…
24時間テレビ

♥叔母でしょ?血はつながってるよねぇ?

♥兄と義姉の子だったら血の繋がりあるから、義姉の連れ子だったのかな? それなら兄が育てないのもわからなくないけど… と、そんなことまで詮索されるね

▼番組では「血がつながっていない」とありましたが、息子さんは女性の兄の子供。叔母・甥の関係であり、血縁関係はあります。義姉の連れ子なのかもしれませんが、引き取ったのは生後5か月のときとのこと。それ以上の詳しい経緯は語られていませんでした
24時間テレビ

♥でも今回の告白はタイミングが悪すぎたが、26才の独身の女の子が誰も引き取り手のない甥を施設に入れられる寸前に引き取って育ててるって、しかも男の子良い子だったんでしょ? それは偉いなぁと思うわ、並大抵の覚悟がないと育てられないし良い子に育ってるって。

♥てか、どっちにしろ5歳って早くない?

♥↑番組内のデータによれば、 4~6歳未満で伝えることが一番多いらしいよ。

▼養子であることを子どもに伝える「真実告知」は、幼いころに行うことが一般的だそう。たとえ隠していても、周囲から伝わってしまうことも多いため、幼少時に親の口で伝えておいたほうがショックを受けづらいのだそうです
赤ちゃん イメージ画像

参考:養子縁組、子供への“真実告知”はいつ? 20歳まで待っても多数が「知っている」

♥本当の母親じゃないと告白しなくてもいいとか、精神が安定してから言えとか、社会人になってから言えとか、好き勝手言ってる人いるけど、もしかして第三者から耳にする可能性だってあるんだよ。何気なく戸籍謄本もらいにいった時とか。 それが思春期だったら最悪だよ。 何も分からない5歳のうちにそれとなく伝えた方が良いと私は思うよ。大きくなるに連れてショックも大きくなると思う。 ただテレビで流す必要は全くないと思う。

♥成人してから聞いた立場ですが 違和感は子供の頃からあったので ああそういうことだったのかと腑に落ちる部分もあるんです あと成人してからだと逆に感謝の気持ちが芽生えます 反抗期の時もきつい言葉を吐いた時も愛情持って接してくれたことに なので成人してからでも遅いとは思いませんし嘘つかれてたとも思いませんでした

▼お子さんの性格やそれぞれの家庭の事情によって、真実告知のタイミングは変わってきます。一概に「何歳がいい」とはいえないよう
『どうして私は養子になったの?』キャロル-リヴィングストン

♥本当のお母さんじゃないって、伝え方悪いよね。産んでくれたお母さんは他にいるけど、今まで通りお母さんに変わりないよって、言ってあげればいいのに。

▼「本当のママじゃない」との言葉が適切ではなかったのでは?との意見も
24時間テレビ

♥私のお腹には宿ってないけど、私が授かった子です。って位に言えないのかね。

♥↑ほんとそうだよね。 言葉の選び方が悪いというか、足りない!頭わるーーーと思った。 「ほんとうのママじゃないの」 とだけ言われて理解できる男の子のセリフがまたすごい。 「頭の中におぼえてるよ」なんて即座に返せるかな。 ヤラセ または 練習済みとしか思えない。

▼息子さんの「僕ちゃんと頭の中で覚えてるから」というとてもしっかりした返答に違和感を覚える人もいたよう
24時間テレビ

♥母親をやっていて、 きっと周りから褒めてもらいたかったんだよ。 よくやっているよ。 頑張っているね。 って感じで。 子供の気持ちは蚊帳の外。 悪いのはTV制作者。気持ち悪いわ。

♥言うのはいいけどテレビで放送することじゃない。 だいたい24時間テレビってビジネス募金だって皆もう分かってきてるし、だから募金額減ってるじゃん

▼番組終了時の募金額は1億2902万958円と、昨年より1億円以上減少。トラブルによりインターネット募金ができなかったことが原因だそうですが、それだけではない?
24時間テレビ 24時間テレビ 募金額

参考:24時間テレビの募金額が激減 ここ数年で最も少なく昨年より1億円以上減る

♥インパクト欲しさになんでもやりやがるな24時間テレビ。 この母親も乗せられたらあかんわ。

♥ちえみの恩師の娘も悪性リンパ腫 利用されてかわいそう 日テレ怖いよ

▼24時間テレビのマラソンランナーに選ばれたブルゾンちえみ。「悪性リンパ腫と闘病する高校時代の恩師の娘に、必死に走る姿を見せたかった」と語っています
ブルゾンちえみ

参考:ブルゾン90キロ完走 悪性リンパ腫と闘病の恩師の娘に必死さ伝えた

♥出演者やスタッフにけが人も出てるみたいだし、そろそろこの番組の在り方を考え直す時だと思う。

▼8月8日、『24時間テレビ』に関わっていた製作スタッフの女性が日テレ前のビルから飛び降り、救急車で搬送(命に別状はなかったそう)。駆け付けた報道番組スタッフは、日テレの幹部から「取材はしなくていい」と止められたのだとか
日本テレビ

参考:日テレ24時間テレビ直前 女性スタッフが「飛び降り搬送」

▼また『24時間テレビ』で行われた「バク転の最多同時ギネス世界記録を更新する企画」では、着地の際に顔から落ちた人の姿が映り込んでいました。これに対し、ネット上で「けがをしたのでは?」との指摘が相次ぐも、番組は何事もなかったかのように進行。そのため、「けが人もみ消し」疑惑まで浮上しています
『24時間テレビ』で行われた「バク転の最多同時ギネス世界記録を更新する企画」

参考:24時間テレビのバック転で事故?けが人発生をもみ消しか ギネス認定ならず
YouTube:【放送事故】24時間テレビ2017 最多同時バック転 4列目左端の人が失敗し担架で運ばれる

♥応募するあの女性も女性だが、なんでこんな重い残酷な内容の告白をスタッフというかあの企画担当者は受理してしまったんだろう? 坂本トレーナーの奥さんやブルゾンの恩師の娘さんのご病気もネタにしてさ なんでもかんでもネタにすればいいってものでもないと思うんだけど

▼ブルゾンちえみを支えた坂本雄次トレーナーは、人工股関節を入れているため、ランナーに伴走することができません。しかし今回は「2015年にすい臓がんが発覚した妻を勇気づけるため」にも、短い距離でも伴走すると決めてトレーニングしていたのだとか
坂本雄次トレーナー

参考:ブルゾン支えた坂本トレーナーの知られざる葛藤に「涙出る」と感動の声

♥日曜の朝、ブルゾン見たさに日テレつけたら、「〜4歳の子供に、ママが癌だということを告白〜」ってやつがいきなり始まって、一瞬でテレビ消した。 このトピのやつもほんと頭おかしいと思うけど、 24時間テレビって一体何がしたいの?

▼自身の胃がん全身転移を当時4歳だった息子に告白したという母親が残した「最期の手紙」を紹介する企画も。これに対しても、一部ネットで「がんで亡くなった人ばかりではなく、元気になった人のことも取り上げてほしい」との意見が
24時間テレビ

♥24時間テレビって、結局、病気の人や障碍者を消費する番組だよね 羽生選手の小児ぜんそくについて「病気を言い訳にせず」って言うような、病気をネタするくせに本当に理解しようとはしない番組

▼『24時間テレビ』の公式Twitterが「小児ぜん息と診断された羽生結弦選手が、病気を言い訳にせず世界のトップで戦い続ける思いをテレビで初告白」とツイート。視聴者からは「本当に運動のできない子どもたちが『僕は言い訳してると思われてるのか…』と傷つく」など批判殺到
『24時間テレビ』の公式Twitter

▼ちなみに、羽生選手自身は「僕にとっては(ぜんそくは)普通のこと」と語っていました。病気や障害を特別視しすぎるのは、当人にとっても嫌なものなのでは…?
羽生結弦

参考:24時間テレビ、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議 視聴者から非難の声

♥トピずれかもだけど、今回の24時間テレビは失敗だったんじゃないの?テーマが告白で、こんな重い内容とかどうでもいい公開プロポーズとか。

▼片岡安祐美&宮地真緒が公開プロポーズされたことでも話題になった今年の24時間テレビ。重たい内容とどうでもいい内容のギャップがすごいです…
片岡安祐美 プロポーズ 宮地真緒 プロポーズ

関連記事:片岡安祐美、元DeNA・小林公太氏と結婚へ!今年の『24時間テレビ』は公開プロポーズ番組か?ネット民「チャンネル変えた」「茶番乙」
参考:宮地真緒「24時間テレビ」でプロポーズ承諾 14年間交際中の一般男性と結婚へ

♥今年の24時間テレビの瞬間最高視聴率40.5%。 平均視聴率は18.6%で歴代2位だってさ。 皆なんだかんだで見ているんだね、呆れたわ。 これじゃ毎年批判の声があがるようなコーナー作り放題やり放題だわ。制作側は人気番組やってまーす!視聴者は理解してくれてまーす!ってむしろ胸張るでしょう。もう少し皆考えようよ。

▼平均視聴率は18.6%、瞬間最高はブルゾンちえみがゴールする直前の40.5%
24時間テレビ ブルゾンちえみ

参考:日テレ「24時間」歴代2位視聴率に局関係者も驚き

♥裏でNHKのバリバラやってたんだね 見ればよかった こっちは押し付けじゃなく、障害者の生の声を届けてる テレビ局の押し付けいっぱいな24時間と対照的

▼『24時間テレビ』で義足の女性が槍ヶ岳登山に挑戦していたのと同時刻、NHK『バリバラ』では、脳性まひの男性が鳥取県の大山への登山にチャレンジ。しかし、足を動かすことができず自力での登山は断念し、リフトを使いわずか10分で展望台へ。男性は「十分堪能できました」「障害者、がんばっているのを見て、そもそも面白いですか?」とコメント
NHK『バリバラ』 NHK『バリバラ』

参考:NHKが今年も「24時間テレビ」を挑発か「障害者がんばっているの見て面白いですか?」

♥24時間テレビってチャリティー番組だよね? ひとりの人間の人生をめちゃくちゃにするチャリティー番組って怖すぎ

♥これを感動コンテンツとして放送するテレビ局ちょっとおかしいよ…。

[コメント引用元:ガールズちゃんねる

(◎_◎;) 一般人のプライベートを全国放送するのもなんだかなぁって感じだし、それで感動させようとする意味もわからない…。

★新サイト「ガールズちゃんねる」でもニュースたくさん紹介中♪

コメント(28件)

  1. 匿名さん    2017年8月30日(水) 11:57:44

    「梅沢さんは、現代においてとても過激な発言をなさっていますが、一方ではその過激さゆえに怒られたり、自分がいじられたりすることも受け入れている。加えて、そんな自分自身もネタに出来る寛容さもあり、それが愛されている理由ではないでしょうか」
    そうなの?山田麻衣子さん。

  2. 匿名さん    2017年8月30日(水) 13:38:13

    # 元祖しろちゃんは昼ご飯にカツカレーを食べた。

  3. 匿名さん    2017年8月30日(水) 14:10:58

    何だこの二目と見れない不快感は…!?
    と聞いて、まず思い出したのがおととしのFNS27時間テレビだった。

    これらの共通項と言えば、年齢差は20あれども、女芸人が88kmマラソンを完走したというものもあったし、
    笑いとか感動とかを誘うべく自らの名誉を粗末にするような真似をしたシーンがある、というものもあった。
    (おととしのは、吉村崇が買ったばかりの外車を、椎名林檎の罪と罰のMVよろしく、チェーンソーで破壊する、というシーンがあった)

  4. 匿名さん    2017年8月30日(水) 14:14:34

    病気とか、誰かが亡くなってだとか、複雑な事情があってとか、そういう事の取り扱いがチープ過ぎて見せかけの感動にしかなってないんだよ。
    誰かが本当に苦しんでることをただ利用してる感がハンパない。

  5. 匿名さん    2017年8月30日(水) 14:25:26

    確かにこの告白は全国放送されてる番組で話される事ではなかったね。しかし、告白する時期については十人十色なので非難される事は微塵もないよ。叔母は叔母であって本当の母親ではないのだから強ち間違いではない。未婚なのに実兄の子どもを引き取って育てるなんて中々出来る事ではないからね。本当に人間が出来た方で頭が下がる思いだよ。

  6. 匿名さん    2017年8月30日(水) 14:40:03

    米2
    おととしのFNS27時間テレビと似たような内容なのに、それでも歴代2位の平均視聴率を叩き出すなんて、常識的に、人倫的に考えられない!

  7. 匿名さん    2017年8月30日(水) 14:49:44

    で? 何がしたいんだこの番組wwww

  8. みかんさん    2017年8月30日(水) 15:04:04

    告白する時期は良いと思うけど、言い方と全国放送で言うのが酷すぎる。カメラで撮影されながら。
    目立ちたがりやで、皆んなに褒められたかったのかな。ただ、自分が死んでもし子供が1人になったらこの人に面倒見てもらうのは凄い嫌。
    息子の返答も凄く違和感がある。
    今回24時間テレビちらっと見たけど、他にもえっこれ、テレビの前で言うこと?ってのがあって違和感感じまくり。隣にタレントがいて、実況?せかして。何だったんだあの番組。
    後、恩師の娘も、利用されてるとしか感じなかったな。
    本当に望んでたのかな?
    走って勇気を与えるとか意味不明すぎるし、逆に走れる体があって羨ましいと思う、私だったら。無神経

  9. 匿名さん    2017年8月30日(水) 15:39:17

    友達にずっと言われていくと思う
    お前の母さん偽物なんだろって
    子供は大人より罪悪感が少ないからくだらない喧嘩とかでもカッとなったら何でも言う
    この間近所の小学生が2対1で何の喧嘩だか1人の子に「あの子お父さんいないんだってー!」と極めつけとばかりに嫌味ったらしく叫んでて
    自分がどれだけ相手を傷つけてようが言い負かせたらそれで良いんだろうな残酷だなって思った
    言った相手は忘れる言われる方はずっと忘れられないしふとした瞬間に思い出しては傷つき続ける
    あの母親は何を考えてたんだろう?同じ母親として全く理解出来ない

  10. 匿名さん    2017年8月30日(水) 16:07:44

    いつ終わったのかさえ知らない

  11. 匿名さん    2017年8月30日(水) 16:14:58

    見てるこっちがドキドキして涙が出た…イヤだった!

  12. 津守 晃一(42)さん    2017年8月30日(水) 16:32:34

    【非情】子供が気の毒(;_;)

  13. 38さん    2017年8月30日(水) 16:46:49

    24時間テレビ、早く無くなればいい。

  14. 匿名さん    2017年8月30日(水) 17:42:50

    障碍者は見ていて気持ちのいいものじゃない
    被害に遭ったことあるから余計にゾワっとする
    障碍者って決していい人でも優しい人でもないよ。いい人に見せかけないと気持ち悪がる人が増えるから実情を隠して美談に仕立て上げるけど、すればするほど現実との解離がひどくなる。

  15. 名無しさん    2017年8月30日(水) 18:58:03

    偽善番組・差別番組を作らせたら朝鮮人は上手いよ。もうマスコミから浄化するべき

  16. 匿名さん    2017年8月30日(水) 19:31:13

    繊細な問題だし、実母でないとかテレビで言わなくても、家庭内でおさめておけばいいのでは?

    24時間テレビ。
    司会はグダグダだし、感動の押しつけみたいで観ていて不快感しかない。
    皆さん観て感動してるんですか?面白いのかな。
    いまは障害者雇用も増えたし、通勤でも会社でもおられますよ。そんなに特別?

    募金もあちこちで募っていますが、参加者はその使い道や目的を理解してるのかな。
    個人的に支援したい方、団体があるので、街頭募金には入れません。
    24時間マラソンも、何の意味があるのか分からない。重症者が出るまでやるんでしょうか。

  17. 匿名さん    2017年8月30日(水) 20:55:42

    今年は殆ど見なかったな。
    ブルゾンにランナーが決まった瞬間と、女優がプロポーズされるのと、登山のゴール後、ダンクシュート決めるやつ、サライコンビが入口にやって来た所くらい。
    ブルゾンのゴールも見てない。
    番組の意義は分かるけど、内容が募金してもらうこととかけ離れてて、年々良さが分からない。
    まして、こんなデリケートな内容を全国放送で告白って、 これでgoサイン出す日テレの意味が分からない。障がい者ばかり取り上げると色々云われるからって、もう少し流して良いことなのか精査すべきだったのでは?

  18. 匿名さん    2017年8月30日(水) 23:19:58

    昔は、難民とか地雷問題とか海外の貧困にも目を向けてたのにな。

  19. zさん    2017年8月30日(水) 23:34:54

    これ幼稚園の同級生も見てるんだろうなぁ…
     
    このぐらいの年齢の子どもって、良くも悪くも思ったことをそのまま口にするから、余分に傷つく羽目になりそう
     
    やりたきゃ全国放送のテレビを入れずに、家庭内で話せば良かったのに

  20. あさん    2017年8月31日(木) 01:59:57

    今年は障害者チャレンジ少なかったよな、見つからなかったのかな?

  21. 匿名さん    2017年8月31日(木) 02:16:05

    「僕、ちゃんと頭の中で覚えてるから」って、どういう意味?

  22. 匿名さん    2017年8月31日(木) 06:03:43

    この女の人もきっと甥の育児に疲れてたんだよ。褒めて欲しい気持ちが暴走しちゃっただけなんじゃないかなー

  23. 匿名さん    2017年8月31日(木) 06:13:50

    ↑※20さん
    “僕はお母さんの言ったことをずっと記憶してるよ”
    という意味だと思いますが、子どもはあまりピンと来てないのかな?と個人的には見えました。

  24. 匿   名さん    2017年8月31日(木) 08:13:37

    ただただ、母親として育ててた この女がTVに出たかっただけにしか見えない…

    そんなに、みんなにエライねぇ~って言ってもらいたかったのかね?

  25. 匿名さん    2017年8月31日(木) 16:08:57

    お涙ちょうだい的な風潮はそろそろ止めたほうがいい… 私が その男の子の立場なら 死にたいレベル…育ての親金が欲しくてテレビ出演OKしたのかなぁ…目立ちたかったのかなぁ…なんにせよ…そんな事するくらいなら 引き取るべきではなかった…責任持って子供の尊厳を守れないなら… 育ての親失格だと思うけど…

  26. 匿名さん    2017年8月31日(木) 21:35:37

    見てたけどドン引きしたわ
    あの子虐められる事間違いなしじゃん
    ああいうのも一種の虐待じゃないの?

  27. 匿名さん    2017年9月1日(金) 07:30:06

    時期は、別にいいと思う。早めに言った方が良いって聞くし。ただ、テレビではどうかと思う。何人か友達も見てるかもしれないし、このくらいの子は、悪気なく、なんで、本当のお母さんじゃないの?とか、本当のお母さんはどこに、いるの?とか、聞いてくるだろうし。こどもの気持ち考えてない。

  28. 匿名さん    2017年9月30日(土) 16:09:33

    偽善番組に参加した主要メンバー

    第39回 2016年(平成28年)  愛〜これが私の生きる道〜
    司会/羽鳥 慎一、水ト 麻美(NTVアナウンサー)
    メインパーソナリティー/NEWS
    チャリティーパーソナリティー/波瑠
    マラソンランナー/林家 たい平

    第38回 2015年(平成27年)  つなぐ〜時を超えて笑顔を〜
    司会/羽鳥 慎一、水ト 麻美(NTVアナウンサー)
    メインパーソナリティー/V6、Hey! Say! JUMP
    チャリティーパーソナリティー/松下 奈緒
    マラソンランナー/DAIGO

    第37回 2014年(平成26年)  小さなキセキ、大きなキセキ
    司会/羽鳥 慎一、水ト 麻美(NTVアナウンサー)
    メインパーソナリティー/関ジャニ∞(横山 裕、渋谷 すばる、村上 信五、丸山 隆平、安田 章大、錦戸 亮、大倉 忠義)
    チャリティーパーソナリティー/杏
    マラソンランナー/城島 茂(TOKIO)

    第36回 2013年(平成25年)  ニッポンって…?〜この国のかたち〜
    司会/羽鳥 慎一、桝太一
    メインパーソナリティー/嵐
    チャリティパーソナリティー/上戸彩
    マラソンランナー/大島美幸(森三中年)

    第35回 2012年(平成24年)  未来 みらい
    司会/羽鳥 慎一、鈴江 奈々
    メインパーソナリティー/嵐
    チャリティパーソナリティー/新垣 結衣
    番組パーソナリティー /タカアンドトシ
    マラソンランナー/佐々木 健介&北斗 晶 ファミリー

    第34回 2011年(平成23年)  力(ちから)~わたしは、たいせつなひとり。~
    司会/羽鳥慎一、西尾由佳理
    メインパーソナリティー/関ジャニ∞
    チャリティパーソナリティー/堀北真希
    番組パーソナリティー /宮川大輔、イモトアヤコ
    スペシャルサポーター /黒木瞳、真矢みき
    マラソンランナー/徳光和夫

    第33回 2010年(平成22年)  ありがとう~今、あの人に伝えたい~
    司会/徳光和夫、西尾由佳理
    メインパーソナリティー/TOKIO
    チャリティパーソナリティー/米倉涼子
    番組パーソナリティー /森三中、AKB48
    マラソンランナー/はるな愛

    第32回 2009年(平成21年)  START!~一歩を踏みだそう~
    司会/徳光和夫、西尾由佳理
    メインパーソナリティー/NEWS
    チャリティパーソナリティー/菅野美穂
    番組パーソナリティー /ネプチューン、ベッキー
    マラソンランナー/イモトアヤコ

    第31回 2008年(平成20年)  誓い~一番大切な約束~
    司会/徳光和夫、西尾由佳理
    メインパーソナリティー/嵐
    チャリティパーソナリティー/仲間由紀恵
    番組パーソナリティー/久本雅美、チュートリアル
    マラソンランナー/エド・はるみ

    第30回 2007年(平成19年)  人生が変わる瞬間(とき)
    司会/徳光和夫、西尾由佳理
    メインパーソナリティー/タッキー&翼
    チャリティパーソナリティー/黒木瞳、新庄剛志
    番組パーソナリティー /タカアンドトシ
    マラソンランナー/萩本欽一

    第29回 2006年(平成18年)  絆(キズナ) ~今、私たちにできること~
    司会/徳光和夫、西尾由佳理
    メインパーソナリティー/KAT-TUN(亀梨和也・赤西仁・田口淳之介・田中聖・上田竜也・中丸雄一)
    マラソンランナー/アンガールズ

    第28回 2005年(平成17年) 生きる
    司会/徳光 和夫、西尾 由佳理
    メインパーソナリティー/草彅 剛、香取 慎吾
    マラソンランナー/丸山 和也弁護士

    第27回 2004年(平成16年) あなたの夢はみんなの夢
    司会/徳光和夫、松本志のぶ
    メインパーソナリティー/嵐(相葉雅紀、大野智、櫻井翔、二宮和也、松本潤)
    マラソンランナー/杉田かおる

    第26回 2003年(平成15年) あなたを一番愛する人…
    司会/徳光和夫、松本志のぶ
    メインパーソナリティー/TOKIO(城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也)
    マラソンランナー/山田花子

    第25回 2002年(平成14年) 家族で笑ってますか…?
    司会/徳光和夫、松本志のぶ
    チャリティーパーソナリティー/モーニング娘。
    番組パーソナリティー/雨上がり決死隊
    チャリティーキャラクター/石塚英彦
    スペシャルサポーター/えなりかずき
    マラソンランナー/西村知美
    チャリティーアスリート/ケイン・コスギ

    第24回 2001年(平成13年) 家族って何?
    司会/徳光和夫、笛吹雅子
    チャリティーパーソナリティー/モーニング娘。
    番組パーソナリティー/今田耕司
    スペシャルパーソナリティー/えなりかずき
    マラソン/研ナオコ

    第23回 2000年(平成12年) がんばる・・・君のために!
    司会/徳光和夫、笛吹雅子
    チャリティーパーソナリティー/RIKACO、藤井隆
    番組パーソナリティー/V6
    スペシャルパーソナリティー/ナインティナイン
    スペシャルサポーター/モーニング娘。
    マラソン/トミーズ雅

    第22回 1999年(平成11年) 伝えたい・・・夢のちから!
    司会/徳光和夫、笛吹雅子
    チャリティーパーソナリティー/SPEED
    特別ゲスト/KONISHIKI
    武道館応援隊/爆笑問題
    マラソン/にしきのあきら

    第21回 1998年(平成10年) いま、始めよう
    司会/徳光和夫、笛吹雅子
    チャリティーパーソナリティー/広末涼子
    番組パーソナリティー/TOKIO
    マラソン/森田剛(V6年)

    第20回 1997年(平成9年) 勇気を出して
    司会/徳光和夫・永井美奈子
    チャリティーパーソナリティー/飯島直子
    番組パーソナリティー/Kinki Kids・加藤紀子
    マラソン/TOKIO

    第19回 1996年(平成8年) ONE LOVE ~つなげよう!ひとつの愛~
    司会/徳光和夫・永井美奈子
    チャリティーパーソナリティー/瀬戸朝香
    番組パーソナリティー/間寛平・江角マキコ
    マラソン/赤井英和

    第18回 1995年(平成7年) もう一度、チャレンジ
    司会/徳光和夫・永井美奈子
    チャリティーパーソナリティー/鈴木杏樹
    番組パーソナリティー/SMAP・久本雅美
    マラソン/間寛平

    第17回 1994年(平成6年) チャレンジ
    司会/徳光和夫・楠田枝里子
    チャリティーパーソナリティー/牧瀬里穂
    番組パーソナリティー/中山英征・酒井法子
    マラソン/ダチョウ倶楽部

    第16回 1993年(平成5年) 出会い
    司会/徳光和夫・楠田枝里子
    チャリティーパーソナリティー/赤井英和・裕木奈江
    番組パーソナリティー/松村邦洋・松本明子
    マラソン/間寛平

    第15回 1992年(平成4年) 愛の歌声は地球を救う
    司会/徳光和夫・楠田枝里子
    番組パーソナリティー/ダウンタウン
    チャリティーパーソナリティー/観月ありさ
    マラソン/間寛平

    第14回 1991年(平成3年) 地球はみんなの宇宙船
    総合司会/渡辺徹・森口博子総合キャスター/アグネス・チャン
    Wズームイン/徳光和夫・福富功男
    チャリティーパーソナリティー/宮沢りえ・西田ひかる・畠田理恵

    第13回 1990年(平成2年) 地球を救え!10年計画 21世紀をになう子供の生命を
    司会/徳光和夫・アグネス・チャン・山田邦子・渡辺徹
    チャリティーパーソナリティー/宮沢りえ・南野陽子

    第12回 1989年(平成1年) おとしよりに在宅福祉を! 障害者に社会参加を! 海外援助を!
    司会/徳光和夫・アグネス・チャン・和田アキ子・渡辺徹
    チャリティーパーソナリティー/南野陽子

    第11回 1988年(昭和63年) 君は地球のボランティア
    司会/徳光和夫・アグネス・チャン・久和ひとみ・小牧ユカ
    チャリティーパーソナリティー/後藤久美子

    第10回 1987年(昭和62年) SAVE THE CHILDREN
    司会/徳光和夫・アグネス・チャン
    チャリティーパーソナリティー/菊池桃子

    第9回 1986年(昭和61年) 次代に残そう平和と福祉
    司会/徳光和夫・アグネス・チャン
    チャリティーパーソナリティー/沢口靖子

    第8回 1985年(昭和60年) 飢えるアフリカの救援と老人・障害者に福祉を!
    司会/徳光和夫・アグネス・チャン
    チャリティーパーソナリティー/小泉今日子

    第7回 1984年(昭和59年) この地球の未来は子どもたちのもの
    司会/徳光和夫・沢田亜矢子
    チャリティーパーソナリティー/萩本欽一

    第6回 1983年(昭和58年) 君は地球のボランティア
    司会/徳光和夫
    チャリティーパーソナリティー/萩本欽一・斎藤慶子・斎藤ゆう子

    第5回 1982年(昭和57年) ストップ!ニッポン姥捨て時代!
    司会/徳光和夫
    チャリティーパーソナリティー/萩本欽一・星野知子・岩崎宏美

    第4回 1981年(昭和56年) アジア・アフリカなどの障害児に援助を!
    司会/徳光和夫・見城美枝子
    チャリティーパーソナリティー/萩本欽一・宮崎美子

    第3回 1980年(昭和55年) アジア・アフリカの難民のために1割を
    司会/萩本欽一・徳光和夫
    チャリティーパーソナリティー/石野真子

    第2回 1979年(昭和54年) 寝たきり老人にお風呂を! 障害者にリフト付きバスと電動椅子を!
    司会/萩本欽一・黒柳徹子・国弘正雄
    チャリティーパーソナリティー/徳光和夫・ピンクレディー

    第1回 1978年(昭和53年) 寝たきり老人にお風呂を! 障害者にリフト付きバスと電動椅子を!
    司会/萩本欽一・大竹しのぶ・大橋巨泉・竹下景子
    チャリティーパーソナリティー/ピンクレディー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気ニュースランキング(月間)

>>ランキング11位以下はこちら

スポンサードリンク

ブログパーツ

あわせて読みたい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ