元ドロンズ・大島直也「借金、ふん尿まみれ…」地獄の介護生活を告白!『進め!電波少年』のブレイクから20年の今

2017年10月30日(月) PM 5:33

「母の介護中は、それにかかりきり。芸能界の仕事はほとんどできず、日雇いの引っ越しバイトやコールセンターのバイトでなんとか食いつなぐしかありませんでした」

元ドロンズ・大島直也
 
こう語るのは、’96年に『進め!電波少年』(日本テレビ系)の“南北アメリカ大陸横断ヒッチハイクの旅”でブレークした、元ドロンズの大島直也(46歳)。その後の半生は、まさに波瀾万丈。芸能界の外で始めた飲食店経営は大成功したものの、その後は一転、離婚・借金・親の介護と試練の連続だった。

大島が語った壮絶な介護生活とは…?続きを読むには女性自身へ!

[引用元:女性自身

これについてネットでは…

♥元気だった母がだんだん弱っていく姿って辛いよなぁ。介護の負担も本当に大変だし。

▼一昨年末、母親が末期の肺がん(ステージ4)を患い、地獄のような介護生活の末、今年7月に看取ったという元ドロンズの大島直也
元ドロンズ・大島直也

♥癌ももちろん怖いが鬱も重症だとキツイね。

▼体調が悪くなるにつれ精神のバランスも崩し“反応性うつ病”になってしまった大島の母。感情の波が激しさについていけず怒鳴り返したこともあり「もっと気持ちを理解してあげればよかった」と自己嫌悪に陥ったという
元ドロンズ・大島直也

♥それでも向き合って介護してきたんだね。偉いよ 駄目だと分かっていても介護疲れで怒鳴ってしまう気持ち…わかるわ。特に排泄関係がほんとイライラ来てしまって

▼自分でトイレにも行けなくなってしまった母親は、おむつを自分でずらし、部屋をふん尿まみれにしてしまう事も。「家に帰ると便の臭いがツーンときて。これが毎日続くのかと気持ちが重くなりました」と振り返る。母親がオムツをズラした理由については「僕におむつを替えられるのが嫌だったのかもしれません」と語る
元ドロンズ・大島直也

♥ボケてなかったから異性の子供におむつを変えてもらうのは嫌だったろうね

♥ふん尿まみれ 私なら耐えられない

♥ブログ見てた 献身的に介護してた 母親思いなのが伝わってきたよ

▼2016年5月よりブログを開始し、母親の病状や介護の様子などを克明に記録していた
元ドロンズ・大島直也 公式ブログ

♥>亡くなる間際も、『買い物に行かなきゃ。直也のご飯作らなきゃ』って。こんな状態でもまだ僕のことを心配している……切なかったです」←切ない…

♥↑これ、身につまされる。母は認知症だけど病気は無くて、会いに行くと夕飯の準備しようとし始めるんだよね。泣きそうだ。

▼亡くなる間際も、大島の事を心配していたという母…
元ドロンズ・大島直也の母

♥最後は余命宣告を受けてやさしくなれた…。ガンだからだよね 老化の介護だったらこれがないから厳しい。

▼今年5月に余命3カ月を宣告されて以降、母親にやさしくなれたという大島。一緒にいる時間を大切にしようと思えたという。一方で老いや認知症など、状況によっては“終わりのみえない介護”に向き合わなければならないことも
元ドロンズ・大島直也&母親

参考:終わりの見えない介護。せめて、目安となる「期間」はないのか

♥目を背けたくなるけど、これが現実の話なんだよね。

♥介護は地獄だからね… 経験者にしか苦しみはわからないし。

♥子育ては未来ある子を育てていつかは旅立つから終わりがあるけど、、介護は先が見えないからね。

▼介護は突然始まる可能性や、休職後も先の見通しが立てられないなど、育児とは異なる問題点が
育児と介護

参考:育児と介護の違いについて

♥逃げずにえらいよ。

♥これ違うネットの記事読んだけど、兄と姉がいるんだって。姉は遠くに嫁に行って、兄は金銭を援助してたみたいだけど、親の面倒全部丸投げだったんかな?途中で投げ出さず、誰のせいにもせず、素直にスゴいと思ったわ。。

▼母親の病気発覚後、関西圏に暮らす兄弟と話し合ったという大島。一人暮らしだった大島が同居し、兄は金銭面、姉は介護の交代やメンタル面をサポートするなど、3人で協力したという
元ドロンズ・大島直也の兄 元ドロンズ・大島直也のブログより

♥ガンのステージ4なら、とにかく病院探して入院した方がよかったと思う。オムツ替えとか、ズレないように処置してくれたりとか、プロがやることは本当に違うよ。痛みだって軽減してもらえたかも知れない。自分でできると思ってやると、お互いに不幸になるから、他人に頼れるところは頼った方がいい

▼医者からは入院するレベルと言われていたものの、病院に空きがなかった為、一時自宅介護していたという
元ドロンズ・大島直也のブログより 母親

♥病院に空きがない…

♥介護のために自殺したり心中したり…凄い本末転倒(-_-;) 何とかならないのかな…

▼“老老介護”の他、働き世代の“介護離職”、介護疲れや貧困による“介護殺人”や“介護自殺”など、超高齢化社会となった現在、様々な介護問題を抱える日本
介護 イメージ画像

参考:「老老介護」の末の悲劇多数 介護殺人や心中、全国で179件…13年以降
参考:なぜ日本だけが「介護と仕事」で悩むのか

♥フランスは貧乏でも金持ちでも国に全財産を納めれば国が老後の面倒を見てくれるんだって。羨ましい

▼1人で暮らす高齢者も多くみられるフランスだが、配偶者以外の家族を介護者として雇用すると、国から金銭給付を受けることができるなど多種多様なサービスが充実。それでも高齢者問題は深刻化しているという
フランス 介護事情

参考:早くから「子離れ」「親離れ」…老後はどうなる?
参考:ところ変われば品変わる?世界のおもしろ介護事情

♥スイスだっけ?何かの映画で観たことあるけど、安楽死制度導入してる国あるよね。海外の人でも確か条件が揃ってお金あれば安楽死させてもらえるんだよね。自分で選択できるなんてすごく良い制度だと思うんだけどな

▼「耐えがたい苦痛を伴っていること」「回復の見込みがないこと」「本人の明確な意思があること」の3つを条件とし、安楽死や自殺幇助を合法化しているスイス
スイス

参考:記者がスイスで見た68歳女性、安楽死までの20秒間

♥ほんと何で安楽死って認められないんだろう 人としての尊厳とかあるうちに去りたい

♥憲法で、人間が人間らしく生きるために、、、。ってあるなら、もう、意識ない状態で延命措置してる寝たきりは、、、。人間らしい?

▼近年、日本でも安楽死について議論される事が多くなり、昨年には90歳を超えた脚本家の橋田壽賀子が安楽死を提言し話題に
橋田壽賀子

参考:安楽死提言の橋田壽賀子、その胸中と覚悟を明かす

♥介護士さんはもう公務員にしてもよいのではと思う。

♥ホリエモンが、機械で出来るようになるとか言ってなかったっけ。

▼昨年8月、介護職の給与水準が上がらない事に対し「介護のような誰でもできる仕事は永久に給料上がりません。いずれロボットに置き換わる」とツイートした堀江貴文。これが今月になって改めて話題となり、賛否をよんだ
堀江貴文 堀江貴文のTwitterより

参考:堀江貴文「介護は誰でもできる仕事。いずれロボに変わる」西村博之「それは事実」…介護職の給料が低いことについて

♥祖母が介護施設に入ってからすごく穏やかな顔をするようになったのを見て 介護だけは仕事でやっている他人やロボットに任せることが当たり前な世の中になった方がいいと思った。される方もする方も辛いと思うから。

♥介護してた親が死んだり、持病や障害のある子供が死んで、悲しいけどホッとした部分もある…ってよく聞くね。それだけ追い詰められてる人が多いんだね。テレビで最新の介護施設を見ると、お金がある人、元気な人(足腰が痛いとかそのくらい)しかいない。庶民は大島みたいに、アルバイトや日雇いしながら介護して、何とか綱渡りしてくしかないんだろうね。

♥介護はぜひプロへ。やっぱり身内だと感情が違うから我慢できない。先も見えないし。

▼介護中は芸能界の仕事はほとんどできず、日雇いの引っ越しバイトやコールセンターのバイトで食いつないだという大島。介護生活で借金もできたが、落ち着いた現在、“介護離職”してしまった芸能界の仕事に少しずつ戻りつつあるという
元ドロンズ・大島直也

▼また大島は、祖母や父親を亡くした経験から母親を施設に預ける事に抵抗があったものの、生活が成り立たなくなった事から特別養護老人ホームに入居。当初は冷たい行為だと思っていたが、その考えがガラリと変わったとブログに綴っている
元ドロンズ・大島直也のブログより 元ドロンズ・大島直也のブログより

♥子供いたのに離婚したんだね。痩せたね

▼2008年に元タレントの武田夏葉子と結婚し、2010年に長男をもうけるも2014年11月に離婚
元ドロンズ・大島直也&元妻・武田夏葉子&長男

♥このおっさんて女に店の資金出してもらったから、離婚と同時に店も取り上げられたんだよね。今後仕事くるのかな。ブサイクすぎw

▼2003年にドロンズを解散して役者の道に進むも、読みが外れ収入が激減。極貧生活となり建築現場や短期のアルバイトでしのぎ、2006年に『ちりとり鍋 大島』を開店。開業資金2000万円は後に妻となる武田が出資。店は夫婦で切り盛りしていたが、2014年に離婚した際、2人とも前進するために共通の知人に譲渡したという
『ちりとり鍋 大島』 元ドロンズ・大島直也

▼尚、大島の元妻・武田は資産家の娘で、初代日銀総裁・吉原重俊の玄孫で、三菱財閥創業者の岩崎弥太郎妹の岩崎さきの系統でもあり、荘田平五郎の玄孫にあたる
武田夏葉子

参考:「電波少年」南北米大陸ヒッチハイクの元ドロンズ・大島直也の現在

♥芸人辞めた後に飲食店で大成功したのに浪費し過ぎて奥さんに愛想つかされたんだっけ?

▼関係者によると2人は円満離婚というが、大島は元妻側から離婚を切り出されたとも明かしている
元ドロンズ・大島直也&元妻・武田夏葉子

参考:元ドロンズの大島直也が離婚していた! 本人直撃「事実です」

♥↑芸能人でよくあるパターンだね

♥電波少年をリアルタイムで見てたけど誰が想像出来たろうか

▼1996年、『進め!電波少年』のヒッチハイク企画でブレイクしたドロンズ
『進め!電波少年』ドロンズ ドロンズ

♥ヒッチハイクで成功した芸能人有吉さんだけだね

▼ユーラシア大陸横断の猿岩石は2004年に解散。森脇和成は実業家に転身するも職を転々。2015年には芸能界に復帰し、回顧録を出版したりユーチューバーデビューするなどしているが、厳しい状況。一方の有吉弘行はピン芸人として大ブレイク
『進め!電波少年』猿岩石

元・猿岩石 森脇和成 有吉弘行

参考:誰が読むの? 元猿岩石・森脇和成の回顧録出版に業界から厳しい声
参考:「ホント引くくらいもうけてて…」元猿岩石・森脇和成、YouTuberになる

▼ドロンズは南北アメリカ大陸縦断に挑戦。大島の元相方・ドロンズ石本はマルチタレントとして活動する一方、2007年に馬肉専門店『馬肉屋たけし』をオープン。大島秘伝のちりとり鍋をメニューに加えたり、バイトに若手芸人を雇うなど、芸人仲間も集まる人気店となっている
ドロンズ石本&大島直也 ドロンズ石本『馬肉屋たけし』

▼アフリカ・ヨーロッパ大陸縦断の朋友(パンヤオ)は、2005年にチューヤンが日本の芸能界を引退。香港で結婚し、広告ディレクターとして活躍中。伊藤高史は俳優業を続けており、劇団を立ち上げたり脚本を手掛けるなど、活動の場を広げている模様
『進め!電波少年』朋友

チューヤン 伊藤高史

参考:「電波少年」チューヤン、現在は年収950万!故郷・香港で広告ディレクターとして活躍中

♥電波少年で良かったことはこうして全員が生きてたこと

▼強盗に襲われたり、拳銃を発砲されたり、ゲイに襲われたり…過酷で危険な企画が多かった電波少年
『進め!電波少年』

参考:元ドロンズ・大島が「ピストルで撃たれた」と『電波少年』ヒッチハイク秘話を暴露
関連記事:出川哲朗、『電波少年』ゲイバーロケの真相がシャレにならない…「めちゃめちゃ痛かった。あの時の天井は忘れられない」

♥この人と猿岩石の相方は、性格が悪くて周りの芸人さん達にも嫌われて仕事がなくなっていったパターン。お店出して、儲かってるんで芸能界復帰はないと言ってたのに、遊びで散財して離婚。人生上手く言ってる時は大口叩いて、失敗すると昔のネタ掘り出して、テレビに出る。その繰り返し。でも、お母様の介護をされているのは素晴らしい。でも、それをネタに高い講演料とかとって、全国廻りそう。

▼大島は自身の経験や情報を伝えるべく、介護団体に顔を出しサポート。講演の声もかかるなど、ニーズがあれば介護経験を生かした仕事をしてくという
元ドロンズ・大島直也

♥芸能人はどんな経験も仕事の糧にできるから羨ましい。親の介護~看とりまでしたけど一般人の自分にはなんの糧にもならなかったわ。介護で仕事の履歴もほとんどないし。(アルバイトは職歴にならないから)

▼最近では杉田かおるが母親の介護生活をブログに綴り、話題となっている
杉田かおる&母親

参考:杉田かおる 母の介護に疲れ「心身ともに限界」ブログで明かす

♥このニュースみてトピ読んで、親の介護や自分の老後を考えるきっかけになったよ。他人事じゃないよね。

[コメント引用元:ガールズちゃんねる

m(__)m 介護が抱える問題は本当に深刻なんですね。直面してみないと分からない事も多いですし、有名人が発信する事でこの問題に関心を持つ人が増えると良いなと思います。

★新サイト「ガールズちゃんねる」でもニュースたくさん紹介中♪

コメント(8件)

  1. 匿名さん    2017年10月30日(月) 17:52:07

    介護するほうも、されるほうもつらいね。

  2. 匿名さん    2017年10月30日(月) 18:53:35

    # 元しろは晩飯に乞食からもらった餅焼くぜ!

  3. 匿名さん    2017年10月30日(月) 19:03:17

    介護の現実を実体験を元に語る姿は
    頭が下がる思い
    そういう意味ではタダの芸人ではない
    身内でもあれこれと逃げ回る者も多い
    中で、彼は
    母親を死期まで懸命に見届けた
    立派だと思う

  4. 匿名さん    2017年10月30日(月) 19:53:13

    # 元祖しろちゃんは夕食に肉じゃがを食べたぉ

  5. 匿名さん    2017年10月30日(月) 20:05:01

    てかこのお母さん何歳なの?

    100歳周辺にしか見えないんだけど?
    このオッサンも歳ごまかしてない?

  6. 匿名さん    2017年10月30日(月) 21:34:47

    下手に自分で介護するより働いてお金稼いで施設入れた方が
    長生きするってデータがあるよ。
    あと安楽死で自分で市ぬのを選びたいなら自サツすればいい。
    安楽死はコロす方の精神的負担がもの凄く大きくて問題がでてる。

  7. 元祖しろちゃんさん    2017年10月30日(月) 22:35:53

    靴職人 花田優一
    結婚\(^O^)/おめ

  8. 匿名さん    2017年10月31日(火) 20:12:04

    定職についてないからできる事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気ニュースランキング(月間)

>>ランキング11位以下はこちら

スポンサードリンク

ブログパーツ

あわせて読みたい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ