勝間和代『だんなデスノート』書籍化で“日本社会のゆがみ”に言及「離婚の自由があれば…」シングルマザー貧困の現実

2017年11月26日(日) PM 2:53

「夫に今すぐ死んで欲しい。毎日思っている。」――など、夫への過激な悪口を吐き出すサイト「だんなデスノート」が書籍化された。11月21日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)が刊行にあたり物議を醸していると伝えたところ、経済評論家の勝間和代さん(48歳)が「この本が必要というところに、日本社会のゆがみがある」などと指摘する場面があった。

20171124_katumakazuyo_02

番組で紹介したのは、「朝起きたら冷たくなって死んでますように」「死体で帰ってこい!赤飯炊いてやるから」など過激な書き込みの数々。

勝間和代が語った『だんなデスノート』が必要な理由とは?詳細はキャリコネニュース

[引用元:キャリコネニュース

これについてネットでは…

♥さすが勝間さん、良いこと言うわ

▼11月21日放送の『バラいろダンディ』で勝間和代が「(『だんなデスノート』が)必要というところに、日本社会のゆがみがある」と指摘し話題に
20171124_katumakazuyo_10

♥旦那デスノートってどんな内容なの?

▼夫への過激な悪口を吐き出すサイト『だんなデスノート』。「朝起きたら冷たくなって死んでますように」「死体で帰ってこい!赤飯炊いてやるから」など、夫の死を願うコメントが多数みられる
『だんなデスノート』

♥ちょい前に鬼嫁日記とか流行ってたキツイ妻バージョンなんだろうか?

▼鬼嫁に振り回される男性の日常を綴ったブログが話題となり、2005年に書籍化、同年に観月ありさ主演でドラマ化もされた『実録鬼嫁日記
20171124_katumakazuyo_17 20171124_katumakazuyo_16

♥ここまでやりたがるのなら離婚した方が精神衛生にいいと思う

♥板東さんの言う通り別れたらいい、憎しみがあるぐらい嫌いなら

▼書籍の内容を番組で紹介すると、コメンテーターとして出演していた板東英二は「そんなんだったらもう、別れた方がいいじゃないですか」と呆れ顔
20171124_katumakazuyo_1120171124_katumakazuyo_09

関連記事:脱税事件の板東英二、高級寿司店で目撃される!記者直撃に「なんやコラ!なんや!」領収書握り締め逃げる

♥離婚の自由?自由じゃないの?離婚って。

▼これに対し勝間は「離婚の自由があればこのノートは要らない」と、日本社会のゆがみに言及
20171124_katumakazuyo_04

♥そんなに旦那が憎いなら離婚すればいいじゃん。結局は子供のためだとか言い訳したり、旦那の経済力に甘えてるくせに

▼勝間は女性サイドが離婚に踏み切ることが出来ない理由として「子持ちの女性が離婚すると、3分の2が貧困になる」と指摘
20171124_katumakazuyo_03

♥つまり、働きたくないんだろ

▼「旦那の悪口を言いながら貧困にならないか、別れてスッキリするけれども一生懸命働いても貧困になるか、の2択しかない」と、現実的に離婚の自由がないと持論を展開
20171124_katumakazuyo_02

♥離婚の自由はあるでしょw離婚率の高さがそれを物語ってる

▼平成27年の離婚件数は22万5000組。婚姻件数が63万5000組なので、約3組に1組の割合で離婚している計算になる
離婚率

♥デスノートは悪趣味だと思うけど、じっさい日本ほど仮面夫婦率の高い国はないらしいよ。①日本人は男女ともに体裁をものすごく気にする国民性。離婚しようとしたら世間体が悪いから我慢しなさいっていう親に止められることもある。②日本人は「夫婦関係」よりも「子供」を重視する。夫婦仲が冷めていても、子供のために離婚しない親は結構いる。学費も高いし。③勝間さんが言うように、女性の専業主婦率(扶養内パートも含めて)が高いから、離婚して子供を育てていくのはものすごく大変。 

▼離婚率は世界で6位の日本。1位ロシアの離婚率は日本の約2.5倍という
ロシア

♥嫁デスノートがあったらギャーギャー騒ぐんだろうねぇ。

▼担当編集者は、“夫が妻の悪口を言うと笑えない”という感覚は、まだ日本が男性上位の社会である事を表していると解説。その為、妻批判は単なる弱い者いじめの構図となってしまい、書籍化は難しいという
男性と女性

参考:「だんなデスノート」書籍化の狙いとは 「男性差別」批判に担当編集者は「想像外」

♥フィフィの言った通りになってきたね

▼「日本は女ってだけで優遇されている!」と指摘しているフィフィ。さらに「その環境に甘える女性が生まれてしまっているように思えます。」「海外ではなかなか許されません」と現在の日本の男女差別のあり方について怒りをあらわにした
20171124_katumakazuyo_12

参考:フィフィ 「女尊男卑」の日本社会に怒り「海外では許されません」

♥こんなん公にするから結婚したくなくなる人が増えるんだよ

▼国立青少年教育振興機構が全国の20代・30代男女に調査したところ、未婚者の約2割が「結婚したくない」と回答。また、首都圏では「結婚しなくてもいい」が3割越えという調査結果も
映画『塔の上のラプンツェル』

参考:おひとりさま願望強まる?「結婚したくない」新成人、過去最多に
参考:「結婚しなくてもいい」が首都圏で3割超 数字で見る東京の未婚率

♥それだけ日本の女性が虐げられているんだよ

♥勝間さんて19で子供産んで大学も卒業してるよね。この人の若い頃なら今よりキャリアウーマン少なかったしいろいろ苦労はあったろうな

▼大学在学中の21歳のとき最初の出産をし、3女の母である勝間和代。2回の離婚を経験しており、現在は独身
20171124_katumakazuyo_05

関連記事:坂上忍、評論家・勝間和代に毒舌「俺より年下!?」「老けてる!」

♥こんな本持ち上げてるのフェミニストだけでしょ。普通の感覚を持ってる人なら女性でも嫌悪するレベル

♥この勝間って方ひろゆきに論破されて顔真っ赤にしてたかたでしょ?なんだかお察しなレベルw

▼情報番組で2ch創設者のひろゆき氏と対談したこともある勝間。インターネットの実名化や若者の雇用促進について、対談するという趣旨の企画だったが、勝間氏がひろゆき氏の発言をなんとか否定しようと感情的になるあまりに、自分の発言を自分で否定したり、無理やりな例え話を持ち出すシーンも見られた
20171124_katumakazuyo_13

YouTube:デキビジ 勝間 vs ひろゆき

♥最初から、旦那の悪口言わないよ。つもり積もってこうなるんだよ。良い旦那さんに巡り会えた人は、マイナス意見だと思う。ただ、結婚してから、色々あって、こういうノートがほしいの。子供のためだよ。子供がパパとママは一緒にいてと言うから我慢してるだけ。子供いないなら、とっくに別れてる

♥ここで だんなデスノートなんてひどいわ!って言ってる人たちは、何だかんだ言って幸せな奥さん達なんだろうなぁ。もちろんその幸せは夫婦の努力の上に成り立つものなのでしょうけど。でも世の中には心無い夫の行動言動に耐え続けてる人たちもいるんだ〜。最初からデスノート欲しい!なんて思ってたわけじゃないんだよ。頑張って頑張って、努力して、ひたすら耐えて、でもダメな事ってあるんだよね。建前上の離婚の自由はあるけど、子供を巻き込んでしまうことへの迷いとか不安とか、いろんな物を飲み込んで耐えてるんだ〜。だからそんなに怒らないで。まぁ色々あるよね〜って軽く流してほしいんだ。明日からまた頑張るからさ〜

▼『だんなデスノート』には夫に恨みを持ちながらも「子どもに障害があり、住宅ローンもあって別れられない」など経済的に離婚できない事情を抱える女性からの書き込みも並んでいる
スマホする人

♥妊娠中の浮気とか男って殺意を抱かれるような事を平気でするクズが多いからダンナデスノートが作られても仕方ない部分はある

▼小倉優子や安田美沙子など、妊娠中に夫が浮気し話題になったケースも。これは殺意を抱くレベル?
小倉優子 安田美沙子

関連記事:小倉優子、離婚後も尾を引くゲス夫の「料理がマズい」発言…実際に食べた知人までもが「ブログのためのサンプル食品」と酷評
関連記事:安田美沙子がプロポーズ記念日に夫から花をプレゼントされたと報告!痛い痛しい幸せアピールに同情の声が寄せられる結果に…

♥そもそもデスノートの作者の営業妨害と名誉毀損じゃないの?デスノートをそういう幼稚なやつに変な解釈されたくない。

▼元ネタは漫画『DEATH NOTE』。作中では死神が落としたノートに名前を書き込むと、名前を書かれた相手は死ぬという設定になっている
20171124_katumakazuyo_20 20171124_katumakazuyo_21

関連記事:『デスノート 2016』キャスト発表、東出昌大×池松壮亮×菅田将暉が三つ巴の戦い

♥とりあえず自分達の作品を汚された小畑さんと大場さんに謝れ 

▼『DEATH NOTE』の原作は大場つぐみ、作画は小畑健
20171124_katumakazuyo_18

♥ただのストレス発散です。何でも大事にしないでください

♥監獄のお姫様の、小泉今日子は、家事も仕事も頑張って完璧にしてたら、そんな完璧な妻はつらいと言って浮気された上に、謝りもせず、開き直られたんだよね。それでキレて刺しちゃった。でも、奥さんになったら、平気で八つ当たりも、甘えて感謝もない夫も少なくないと思うよ。家事もしないなら、その大変も全くわからないもの。どんなに頑張っても、夫はいい加減で、でも家事や子育てに休みは無いし、デスノートに愚痴くらいいいんじゃないかと思うんだけど。私なら離婚準備するけどもね。

▼10月から放送しているドラマ『監獄のお姫さま』の主人公(小泉今日子)は、浮気を知り衝動的に夫を刺してしまうが…本当に殺すよりも悪口や愚痴をサイトに書き込む方がいい?
ドラマ『監獄のお姫様』 ドラマ『監獄のお姫様』小泉今日子

♥女は女に話してる時が一番楽しいのであって、別に社会の声みたいに皆に知って貰いたいとは思ってないと思う。あの『日本死ね』と発したママさんだって、あんなに大きく取り上げられて、社会の声だの、働くママさんの声だのと大袈裟にされたくなかったと思う。掲示板にブラックな心を書き込むのは、別に旦那に限らず、上司や姑や友人に対してだって書き込みたくなる心理は判るよ。それを貧困を全面に出して離婚の自由がないみたいに取り上げ、社会のせいにして書籍化するのはお門違い。逆にこの本が流行る限り、女性の価値は上がらないと思う。

▼昨年2月には保育園の抽選に落ちた怒りを綴ったブログ記事『保育園落ちた日本死ね』が話題に。同年の『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップ10にもランクインした
20171124_katumakazuyo_19

参考:ユーキャン 流行語大賞に見解「日本死ね」議論認識も「意見言う立場にない」

♥言いたいことが言える場所があるのは大事だからサイトの存在はいいんだよ。それを書籍化して利益は得るけど責任は取りません宣言している竹書房が腹立つ

▼10月下旬にサイトへの書き込みを元に『だんなデスノート』として書籍化。Amazonの子育て・家庭生活カテゴリで1位にランクインした
20171124_katumakazuyo_07 20171124_katumakazuyo_08

参考:「一刻も早く死んでほしい」 “だんなデスノート”書籍化の狙いとは 「男性差別」批判に担当編集者は「想像外」

♥いちいち真に受けんなよ。みんな。ひとんちのダンナの悪口なんか、おもしろいじゃん。どんだけダンナが優しくてお金持ちで子ぼんのうで…なんて自慢話の本なんか、つまんねーだろ?そういいつつも、けっこうラブラブだったりするんじゃね?w人んちのことは、わからんよ。

▼匿名性の高いインターネットでの書き込み…実は家庭円満という可能性は無きにしも非ず?
男性と女性

[コメント引用元:ガールズちゃんねる

(;´・ω・) まさに「夫婦喧嘩は犬も食わない…」ですね!他所の家の夫婦関係については、あまり知りたくないかも…。

★新サイト「ガールズちゃんねる」でもニュースたくさん紹介中♪

コメント(14件)

  1. 匿名さん    2017年11月26日(日) 16:23:42

    赤※女は女に話してる時が一番楽しいのであって~
    この赤※に同意。
    何でも大袈裟にして自分の利益にしようとする勝間みたいな奴が
    一番いらないんだよ。

  2. 匿名さん    2017年11月26日(日) 16:53:53

    # 元祖しろちゃんは3時のおやつに茜丸のドラ焼きを食べたぉ

  3. 匿名さん    2017年11月26日(日) 17:02:03

    男は暇ができたら妻を大事にするのではなく、ほかの女を物色する人が多いと思う。しかも妻が休むことを許さない。
    妻には仕事子育て介護もプラスさせてへとへとにさせて、自分は暇だからと浮気。それを雑巾みたいになったお前が悪いという。
    妻が綺麗になれないのは夫の姓なのに責任転嫁
    デスノートぐらいいいだろ

  4. 匿名さん    2017年11月26日(日) 17:26:54

    ↑今の時代そんなんじゃないわw
    嫁デスいっぱいあるわw

  5. 匿名さん    2017年11月26日(日) 17:36:42

    今の時代の主婦は息抜きくらいしてるだろうに。フルタイムの兼業より文句たれる傾向にある。

  6. 匿名さん    2017年11月26日(日) 18:01:16

    死別と離婚は同義ではない。
    離婚などという次善策はいらないのだろう。
    離婚後、ストーカーや嫌がらせだってありうる。グズが犯罪でも起こせば、元妻だって無傷ではなかろう。

  7. 匿名さん    2017年11月26日(日) 18:38:26

    デスノート自体、漫画だし。

  8. 匿名さん    2017年11月26日(日) 19:55:10

    自分の為だけにやる家事と他の人の分もやる家事の違いは
    その立場にならないと絶対に分からないもんだよ
    独身時代の家事は楽勝だったけど結婚して
    夫の分も熟すのが苦痛にしか思えない時があった
    共稼ぎで経費の負担も同じだから尚更そう思った
    介護離職して一段落したら就職先は無いもんな…

  9. 匿名さん    2017年11月26日(日) 23:30:11

    私の偏見だとは思うけど、こんなデスノート書き込んでるのってほとんど専業主婦のイメージ。
    子供の為に離婚できないっていうより、自身に生活能力がないから離婚できない専業主婦が多そう。
    パパの死を願うママと一緒に暮らして子供が幸せと思うのかね。
    気持ち悪い価値観だ。

  10. 匿名さん    2017年11月27日(月) 00:13:51

    8.
    そのエネルギー使って外で働けって感じだよなw

  11. 匿名さん    2017年11月27日(月) 06:39:12

    女は反省しない生き物だからな
    夫婦は鏡というだろう
    夫に選んだのは自分だし良い男に育てられなかった自分のせい
    要するに結婚に向いてない女は文句ばかり

  12. 匿  名さん    2017年11月27日(月) 08:54:11

    日本しねって言ったオバサンは…自分の態度や話し方で保育園に落ちたんじゃないの?

    保育園側も性格に問題があるオバサン(モンスター)がいると困るしね…

    それにいちゃもんを言ってる人に限って家の近所に保育園や幼稚園が出来たらクレームを入れるんだろうね… 保育士を増やせって言ってもモンスターペアレントが多くてなりたい人が少なくなってるのにね…(怒)

    それにダンナの悪口ばがり言ってるなら子供のためにも さっさと離婚しろよ…オバサン達!

    自分が楽したいから離婚も出来ないくせに…(笑)

  13. 匿名さん    2017年11月27日(月) 10:13:27

    目が離れ過ぎで違和感がある顔も濃い〜し

  14. 匿名さん    2017年11月27日(月) 22:37:50

    現実的に子持ちで働くとなると、いまの日本では経済的なリスクが大きい。
    子供が成人するまでと、離婚を我慢する人は多いよね。

    夫の歯ブラシでトイレ掃除、デスノートとか本当に喜んでやってるわけでもないでしょ。お互いに思いやりを持てるのが理想なんだけどね。哀しいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサードリンク

ブログパーツ

あわせて読みたい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ