『きのう何食べた?』『俺のスカート、どこ行った?』など今春は5作品!なぜ今“LGBT題材ドラマ”が量産されているのか

2019年5月6日(月) AM 11:53

昨年、男性同士の恋愛を描いた『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)が大ヒットしたのが記憶に新しいが、今クールのドラマでも、LGBTを題材にした作品が増えている。その背景をテレビ解説者の木村隆志さん(45歳)が解説する。

木村隆志さん 

今春のドラマでスタートして1か月が過ぎようとしていますが、最大のモチーフとなっているのはLGBT。なぜ今、これほどLGBTをモチーフにしたドラマが量産されているのでしょうか?

今クールは5作品がLGBTをモチーフに。記事の続きはNEWSポストセブン

[引用元:NEWSポストセブン

これについてネット上では…

きのう何食べた、西島さんと内野さんコンビに癒され。料理も美味しそう

▼今春、LGBTを題材にしたドラマが5作品登場。中でも放送前から話題となっていた西島秀俊&内野聖陽主演ドラマ『きのう何食べた?』は、初回満足度2位にランクイン
ドラマ『きのう何食べた?』

関連記事:大人気漫画『きのう何食べた?』実写ドラマ化の噂!西島秀俊と内野聖陽が同性カップルに!?期待の声続々
参考:4月期“春ドラマ”初回満足度1位は『緊急取調室』、僅差で2位に『きのう何食べた?』

♥きのう何食べた?楽しみに観てる。ご飯も美味しそうだし、単純にストーリーを楽しんでるよ。LGBTって様々な問題を抱えてる人もいると思うんだけど、その部分はライトに、でも分かりやすく伝えてくれるところが良いかな

テレビ解説者の木村氏は同作品について、「40代のゲイカップルを特別視せず、描いているのは何気ない日常生活のみ。その中心にあるのが2人で挟む食卓という点も含めて、LGBTはもちろん、それ以外の人々からも共感を誘っているのでしょう」と解説しています
ドラマ『きのう何食べた?』

♥ミタゾノは女装だけど、別にLGBTに焦点当ててないよね

ミタゾノは急に始まった訳じゃなくて、既に3本目になるシリーズ物なんだけれどね。

▼シーズン3も好評なTOKIO・松岡昌宏主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』は、主役が女装しているだけ?
ドラマ『家政夫のミタゾノ』

参考:松岡昌宏、『家政夫のミタゾノ』クランクアップ 次シーズンにも意欲

ミタゾノがそうなら、ロビンウィリアムズのミセスダウトもLGBTて事になっちゃうよ笑

▼『ミセス・ダウト』は世界的に大ヒットした、1993年のアメリカ映画。主演のロビン・ウィリアムズが子ども達と一緒に居るため、60歳近くの家政婦に扮する物語
『ミセス・ダウト』

私も、ミタゾノさんは女性の格好でお仕事してるだけの設定かと思ってた。その方が何かとミタゾノさんもやりやすいのかな…と。ミタゾノさんは、シリーズ化してても面白い。俺のスカートも確かに面白い。でもあれは、あのキャラで、古田新太さんの独特な感じが良くて、内容も見応えあるから良いんだと思ってた

▼『俺のスカート、どこ行った?』の主演・古田新太郎は、ゲイで女装家の新任国語教師を演じ話題に。初回視聴率は10.9%でした
『俺のスカート、どこ行った?』

参考:古田新太主演『俺スカ(俺のスカート、どこ行った?)』初回視聴率10.9%

♥↓2つ知らないドラマだった。おもしろそう

▼NHKはLGBT関連の作品として『腐女子、うっかりゲイに告る。』と『ミストレス~女たちの秘密~』を放送中
『腐女子、うっかりゲイに告る。』 『ミストレス~女たちの秘密~』

♥腐女子うっかりは結構攻めてる内容だよね

♥個人的に腐女子うっかりは結構面白い。原作知らなかったからコメディっぽい感じなのかと思いきや、自分の性的志向に悩む高校生がリアルで

金子大地主演ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』の原作者・浅原ナオト氏は同性愛者であることをカミングアウトしています
『腐女子、うっかりゲイに告る。』 原作

腐女子、うっかりゲイに告るは既婚者の男と高校生のゲイが付き合ってるんだよね。ホテル行ったりもするんだけどありなのかね。これ異性間で女子高生と既婚者の不倫だったら炎上しそうだけど

▼主人公は18歳の高校3年生であり、谷原章介が演じている恋人は、妻子のある既婚者。ベッドシーンも放送されていますが…これはアリ?
『腐女子、うっかりゲイに告る。』

参考:NHK初主演でゲイ役の金子大地、谷原章介と濃厚キス「全然抵抗なかった」

ミストレスってLGBT展開になってんの?長谷川京子の顔が怖くて2話の途中で脱落したから知らなかった…

内容や演技より主演・長谷川京子の唇や顔が気になる…と話題になっている海外リメイクドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』。篠田麻里子がレズビアンであることを公言しており、第3話では大政絢とのキスシーンも放送されています
『ミストレス~女たちの秘密~』

参考:演技より気になる…長谷川京子NHK「ミストレス」での“唇と顔”
参考:ドラマ10「ミストレス」大政絢と篠田麻里子が“40秒キス” SNS「NHKとは思えない」「美しくてドキドキ」

ミストレスは海外ドラマのリメイクで、別にレズのカップルがメインではないのでLGBTドラマとは違うと思う。海外ドラマは普通に一組は同性カップル登場するので、そんなに特別に扱われてないし

▼木村氏は「欧米ではLGBTのキャラクターが当然のように設定され、視聴者も当然のものとして受け止めている」と指摘。また「日本ではまだまだ特別な存在として扱われているのが現実です」とも…
ミストレス

NHKはマイノリティーに焦点を当てた番組が多いだけじゃない?トクサツガガガなんかも、子供が居るお母さんの意識にちょっとした変化を加えられる作品だったと思う。

▼1月から3月にかけて放送された小芝風花主演のNHKドラマ『トクサツガガガ』は、特撮好きの女の子が主人公。オタク女子の複雑な気持ちやデリケートな葛藤を描いている作品
『トクサツガガガ』

参考:小芝風花 ガガガ続編熱望!報道陣に「偉い人に言ってもらっていいですか?」

♥おっさんずラブのヒットは確実に影響してると思う

昨年、男性同士の恋愛を描いた『おっさんずラブ』がヒット。「LGBTドラマ量産のきっかけになったドラマ」と考える人は多いよう
おっさんずラブ

関連記事:『おっさんずラブ』、映画化に続き2019年度中に続編ドラマ放送決定!しかし“キャスト未定”情報に、ネット「それって続編?」「難易度高そう」との声

♥おっさんずラブがウケたから二匹目のドジョウを狙ってるんでしょう。君の名はからアニメ映画が増えたのと同じ

▼2016年、長編アニメーション映画『君の名は。』が大ヒット。最終興行収入は250.3億円。世界での興行収入は『千と千尋の神隠し』を超え、日本映画の歴代1位となった
君の名は。

参考:「君の名は。」新海誠監督最新作は「天気の子」 来年7月19日公開
参考:「君の名は。」累計興行収入245億円突破 5月頃に「アナ雪」超えか?

♥そうだよねー。儲かるとわかればアホみたいに群がる。

腐女子や百合好き男子の経済効果を無視できなくなったってことだろうね。

▼同性同士の恋愛を描いた漫画やアニメを好む人も多く、有働由美子アナウンサーや二階堂ふみなど、BL愛読者であることを公言する女性著名人も増えています
有働由美子アナウンサー 二階堂ふみ

参考:女性の5人に1人がBL・ブロマンス好き!調査結果が発表
参考:“腐女子”を公言する二階堂ふみ ハマにBL貸す
参考:NHK衝撃、ナマ告白!有働アナ“同性愛”信者だった

アニメもBLとか百合とか結構多いイメージ。でも、ただ単に腐女子や百合好きな人に見てもらいたいからってだけでLGBTへの理解を促すってのとは違う気がする

LGBTじゃなくてゲイじゃない人達が作った女性向けの男性同士の恋愛物(BL)でしょ?あんなの現実のゲイとは全く違うよ。大抵女性が好みそうなルックスのイケメン同士だし…

▼なお、LGBTとBLの境目がアイマイとの指摘もチラホラ
LGBT

参考:LGBTを初めて記述 来春から使用の小学校教科書

♥きのう何食べた?は原作者は女性でBL描いている人だしLGBTじゃなくてBLでしょ

きのうなに食べた?はLGBTの感覚ないんだけど。料理がメインだから。それと、何年も前から原作を読んでいるからこの記事の内容と一緒にされるのが嫌

▼『きのう何食べた?』の原作者はよしながふみ氏。しかし、BL系雑誌ではなく『モーニング』で”料理漫画”として連載されているので、BL作品とは言いがたい気も?
きのう何食べた?

♥LGBTはいいけどきのう何食べた?みたいな女から見て好ましいゲイに限る、みたいなのは気持ち悪い

♥腐女子が好むBLをイケメンが実写化した感じが気持ち悪いんだよね。弟の夫は面白かったんだけどおっさんずラブはファンタジー過ぎて好きになれなかった

▼佐藤隆太主演ドラマ『弟の夫』(2018年)の原作者・田亀源五郎氏もゲイであることを公表。父子家庭の家に、亡くなった弟の恋人・マイクが尋ねてきたことから始まるホームドラマ
弟の夫

男女のラブストーリーとかも結局みんなファンタジーだけどね。美男美女ばかりだし

▼放送中の恋愛ドラマをみても、美男美女ばかり…。所詮ドラマはファンタジー?
わたし、定時で帰ります。 パーフェクトワールド

参考:吉高由里子 初のOL役、TBS4月期ドラマ主演「わたし、定時で帰ります。」
参考:パーフェクトワールド:初回視聴率は6.9% 松坂桃李&山本美月の純愛物語 菅田将暉の主題歌が初解禁

♥別にLGBTのこと取り上げようが取り上げまいが、昨今のドラマで面白いものの方が少ないじゃん………

新しいものに飛び付いた。ただそれだけ。 昔のドラマは面白かったなー。似たような内容でも、俳優陣が惹き付けてくれたし、感情移入して大号泣もしたりした。ここ数年のドラマは見た目だけキラキラした若者がナチュラルなお遊戯会を繰り返しているだけ。

▼『王様のブランチ』で発表された”平成のTBSドラマ瞬間最高視聴率ランキング”では、ランクインした作品のほとんどが平成前半に放送されたドラマでした。LGBT関係なく、「ドラマ自体がオワコン」との声も多い気がします
王様のブランチ

参考:「王様のブランチ」、平成のTBSドラマ瞬間最高視聴率を発表、1位は平成12年放送の木村拓哉主演の名作

[引用元:ガールズちゃんねる

(*´∀`) こんなにもLGBT関連のドラマが出ているとは知りませんでした。理解が深まるのはいいことですが、一歩間違うと…ちょっと怖い部分もありますね

★新サイト「ガールズちゃんねる」でもニュースたくさん紹介中♪

コメント(21件)

  1. 匿名さん    2019年5月6日(月) 12:21:50

    話が暗くなくてポジティブなのでドラマになる気がする。私個人は男女の恋愛ものは飽きた。だから今回のLGBTものは見てます。

  2. 匿名さん    2019年5月6日(月) 12:58:04

    俺のスカートどこいったは、
    LGBTじゃないでしょ(笑)!単なる変態のオッサンが女装して担任しているだけの青春学園ドラマじゃん(笑)!

    古田新太さんの女装が、
    1ヶ月前くらいに旦那さん殺害して車椅子にのせられて逮捕されたオジサンにしか見えない容疑者そっくりで番宣期間でビックリしたわ。

  3. 匿名さん    2019年5月6日(月) 13:01:00

    腐女子は、
    業界評判1番だよね(笑)?
    まだ、見たことないけど…あまりにドラマ関係者の間で攻めていて、みんなが絶賛しているから1話からちゃんと見たいから再放送したらいいのに…。パラビー使ってまでは見たいとは思わない。全録ならみるけど。

  4. 匿名さん    2019年5月6日(月) 13:33:10

    昔から普通に同性愛扱った作品なんてあったよ
    BLって便利な言葉が出来てから、さも新しいジャンルのようにしてるけど

  5. 匿名さん    2019年5月6日(月) 14:07:11

    古田新太笑笑はっきり言って女装似合わねーwでもインパクト凄いww

  6. 匿名さん    2019年5月6日(月) 14:11:10

    >>3
    LJBT(レズビアン・ジャニーズ・バイセ クシャル・トランスジェンダー)の伝説のドラマ同窓会だとか?笑

  7. 匿名さん    2019年5月6日(月) 14:25:00

    おっさんずラブとかやたらツイッターでは受けてたけど実際は視聴率3%
    だったし女性しか見てない。
    BLというファンタジーに一部の女性が群がってるだけだしLGBTへの理解
    にはつながらない気が。

  8. 匿名さん    2019年5月6日(月) 15:44:46

    こういう評論家気取りの人って古参ファンから見たら見当違いでいい加減なことばかりほざいてる。

  9. 匿名さん    2019年5月6日(月) 17:29:30

    何が怖いの?

  10. 匿名さん    2019年5月6日(月) 20:10:58

    きのう何食べたの原作マンガは好きなんだけど
    実写で「俺はどちらかというとネコ」なんて言われるとちょっと生々しくて嫌だったなぁ
    いろいろと想像してしまって…

  11. 匿名さん    2019年5月6日(月) 21:49:13

    >>10
    まだ、ガチのゲイみたく
    ウケ言わないだけマシだろよ(笑)!

  12. 匿名さん    2019年5月6日(月) 22:36:12

    「きのう何食べた?」は
    変なシーンがないし
    料理もすぐ真似できるので
    楽しく見ている
    ジルベール早く見たい!

  13. 匿名さん    2019年5月7日(火) 01:06:54

    ドラマや漫画は綺麗すぎて現実的ではない
    もちろん現実にもイケメン同士のカップルはいるけど
    私がよく出会うカップルは大抵
    「お互いスキンヘッド」
    とか
    「地味な中年同士」が多い
    嫌とか差別はないよ

    ただ現実はそんな感じ

  14. 匿名さん    2019年5月7日(火) 01:13:19

    カ●レーザーさんみたいに
    「バイです」「ネコです」と爽やかに言われると
    受け入れやすいかな

    彼(バイやゲイ)たちは「美」に対して
    かなりこだわりがあるのは何故なのかだけが疑問

  15. 匿名さん    2019年5月7日(火) 01:25:03

    「腐女子〜」の男子学生はリアル感ある

    一緒に悩んであげたくなるような
    聞いてあげたくなるような…

    本当に世界規模で今、悩んでいる未成年がいるんだろうなあ…

  16. 匿名さん    2019年5月7日(火) 01:25:54

    フィリピンの一部のおネエは「女性だと仕事があるから女性になる」という
    おネエが職業ととらえて小さい頃から考えて育つ少年もいます

  17. 匿名さん    2019年5月7日(火) 09:49:46

    >14
    それは、
    ゲイにとっちゃ女みたいに結婚妊娠できるわけじゃないから、女の世界みたく学歴や年収じゃ一切モテないからに決まってんじゃん!

    極端な言い方したら
    サウナや発展場などクラブもはじめ顔やスタイル等肩書きなんかより見た目がすべてのステータスだから、少しでもキレイに美しくカッコよくオシャレにしてなきゃモテない、モテないとヤれないから(苦笑)!

    ブサイクなゲイは、
    必死に金稼ぐなり貯めて売り専かサポ板で金に困ってるホストやノンケ、売り専じゃ働けないゲイに金払って束の間の情事で我慢するしかない。本気の恋愛は、皆無だからよ(笑)!

  18. 匿名さん    2019年5月8日(水) 05:31:53

    『俺のスカート〜』はLGBTの“T”?違う?

  19. 匿名さん    2019年5月8日(水) 21:42:37

    欧米だと『LGBTQ』という言葉も、あるんだね。
    日テレ系【news zero】などで取り上げられたけど
    『男女どちらが性的指向か定まってない、決めたくない』
    とのこと。最近のドラマがお遊戯会みたいなのは同意。
    【高嶺の花】【ブスの瞳に恋してる】は片方が美形?だけど

  20. 匿名さん    2019年5月10日(金) 04:07:20

    コウノドリの実写化に尽力した坪田さんが「LGBQTに人権を!」活動の発起人と言えるでしょう(小並感にして名推理)。
    そう、HUGっと!プリキュアで壮大なステマが展開されてたのはそのせいなのです。
    そのイカすムーブメントが永久に続くかはおぼつかないのです(小並感にしてど正論)

  21. 匿名さん    2019年9月7日(土) 23:32:27

    杉田水脈代議士、LGBQTに対する逆差別をやめなさい、って言うのをやめなさい!
    新潮45、廃刊されちゃったじゃないの!
    (1年前の事情通並感)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気ニュースランキング(月間)

>>ランキング11位以下はこちら

スポンサードリンク

ブログパーツ

あわせて読みたい

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ